Slim 3 Framework でMySQLとテンプレつかってみる。その2

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

Slim-Skeleton の導入

slim セットアップは簡単ですぐに使えるいい感じだけど、はじめは素直に Slim-Skeleton を導入し肉付けを行っていった方が学習効果は高いと思います。がインスコする際にphpunitなどインスコしていないと怒られるのでまず先に 「CentOS7+PHP7+Nginx+MariaDB+Redisの環境を作る方法」をみつつ、必要そうなアプリを先にインスコする。

sudo yum --enablerepo=epel,remi,remi-php70 install php70 php70-php-mcrypt php70-php-mbstring php70-php-fpm php70-php-gd php70-php-pecl-xdebug php70-php-pecl-redis php70-php-pecl-imagick-devel php70-php-pecl-imagick php70-php-mysqlnd php70-php-intl php70-php-bcmath php70-php-pecl-zip php70-php-xmlrpc php70-php-xml  php70-php-pecl-http php70-php-pecl-http-devel php70-php-opcache phpunit

手順は Slim-Skeleton にも書いてあるけど。slim3 は、インストールするアプリ名ね。

$ composer create-project slim/slim-skeleton slim3

WebService化は、User Guide Web Service 手順に従って行えばよし。ルートにアクセスすると下記のようにでるとこまで進めておきます。

image

ディレクトリの確認

いい感じにディレクトが作成される。追加したのは、classesを読み込むディレクトリを追加で作成したぐらい。

slim3
├── composer.json
├── composer.lock
├── classes     ← こいつだけ作成した
├── logs
├── public
│   └── index.php
├── src
│   ├── dependencies.php
│   ├── middleware.php
│   ├── routes.php
│   └── settings.php
├── templates
│   └── index.phtml
└── vendor

サンプルDBの作成

とりあえず MySQL に接続して色々やってみるためにテーブルとデータをさくっと作っておく。

CREATE TABLE `book` (
  `id` int(11) NOT NULL,
  `title` varchar(64) DEFAULT NULL,
  `name` varchar(32) DEFAULT NULL,
  `price` int(5) DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8   

データも適当にいれます

INSERT INTO `book` VALUES (1,'双子の帝國','ふたごのていこく',300),(2,'進撃の巨人','singeki',500),(3,'となりの関くん','となりのせきくん',50000);

MySQLにアクセスしてみる、接続先の設定~アクセスクラス作成~アクセスまで

とりあえずテンプレみたいな形で進めていきます。サンプルとおりですけどねw

接続先の設定

src/settings.php データベース接続先情報を追加します。

src/settings.php
  // DataBase(MySQL) settings
  'db' => [
      'host' => 'hostname',
      'port' => '3306',
      'user' => 'user',
      'pass' => 'passwd',
      'dbname' => 'test',
  ],

src/dependencies.php データベースコンテナの定義

src/dependencies.php
// MySQL
$container['db'] = function ($c) {
    $settings = $c->get('settings')['db'];
    $pdo = new PDO("mysql:host=" . $settings['host'] . ";dbname=" . $settings['dbname'] . ";port=" . $settings['port'],
        $settings['user'], $settings['pass']);
    $pdo->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE, PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
    $pdo->setAttribute(PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE, PDO::FETCH_ASSOC);
    return $pdo;
};

アクセスクラス作成

slimはどこでも自由奔放に記述できますが、ある程度お作法は決めておいた方がいいかな?と思うのでアクセスクラスとか作ってみます。

class/Mapper.php

class/Mapper.php
abstract class Mapper {
  protected $db;
  public function __construct($db) {
    $this->db = $db;
  }
}

class/TestMapper.php

TestMapper.php
class TestMapper extends Mapper
{
  public function getTests() {
    $sql = "select * from book";
    $stmt = $this->db->query($sql);
    $results = [];
    while($row = $stmt->fetch()) {
      $results[] = $row;
    }
    return $results;
  }
}

作成したクラスを読み込む

public/index.php

require vendor している次の行あたりに追加する。

public/index.php
// class load
spl_autoload_register(function ($classname) {
  require (__DIR__ . "/../classes/" . $classname . ".php");
});

uriの作成

src/routes.php に アクセスuriを追加する。
$app->get('/[{name}]',の関数はコメントしておく。

src/routes.php
$app->get('/book_api', function ($request, $response, $args) {
  error_reporting(0);

  $mapper = new TestMapper($this->db);
  $test = $mapper->getTests();

  ob_start();
  var_dump($test);
  $t = ob_get_contents();
  ob_end_clean();
  var_dump($test);

  return $response;
});

book_api にアクセスしてみる。

結果、下記のようになればとりあえず MySQL にアクセスできて結果も取得していることも確認できる。

array(3) { [0]=> array(4) { ["id"]=> string(1) "1" ["title"]=> string(15) "双子の帝國" ["name"]=> string(24) "ふたごのていこく" ["price"]=> string(3) "300" } [1]=> array(4) { ["id"]=> string(1) "2" ["title"]=> string(15) "進撃の巨人" ["name"]=> string(7) "singeki" ["price"]=> string(3) "500" } [2]=> array(4) { ["id"]=> string(1) "3" ["title"]=> string(21) "となりの関くん" ["name"]=> string(24) "となりのせきくん" ["price"]=> string(5) "50000" } }

PHP-View 使ってみる

PHP-View が使えるのでテンプレートを使って出力してみる。

src/routes.php に追加

renderer に渡すためのテンプレートと変数を渡す。

src/routes.php
$app->get('/book_api2', function ($request, $response, $args) {
  $mapper = new TestMapper($this->db);
  $test = $mapper->getTests();
  $response = $this->renderer->render($response, "book_api.phtml", ["books" => $test]);
});

templates にテンプレートファイルを作成

templates/book_api.phtml を作成する。読み込んだデータを全て出力するサンプル。

templates/book_api.phtml
<table class="pure-table">
  <tr>
    <th>id</th>
    <th>title</th>
    <th>name</th>
  </tr>
<?php foreach($data['books'] as $test): ?>
  <tr>
    <td><?=$test['id'] ?></td>
    <td><?=$test['title'] ?></td>
    <td><?=$test['name'] ?></td>
  </tr>
<?php endforeach; ?>
</table>

book_api2 にアクセスしてみる。

結果、下記のようになればとりあえず MySQL にアクセスできてテンプレートで出力いることを確認できる。

id  title   name
1   双子の帝國 ふたごのていこく
2   進撃の巨人 singeki
3   となりの関くん   となりのせきくん

ここまでできれば色々と簡単そうにできそうだ。次回は、ログ出力とかとかやってみる。
と、これまでに参考にさせて頂いたサイト。

こんにちは Slim PHP framework
Slim(PHP)を使う時に參考にしたページ