JavaScriptとHTMLで、Unicodeのサロゲートペアを表示する練習

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

(2015-04-27 の練習メモからこちらに移転)

文字コードの復習をちょっとしてたら、Unicodeのサロゲートペアって今まで気にしたこと無かったことに気が付きました。
ということで、お仕事でも扱うJavaScriptとHTMLで、まずはサロゲートペアを「表示」してみる練習です。(2015-04時点のES5対応迄)

簡単にまとめると以下のようになります。

  • HTMLなら・・・
    • 𠮷𠮟 のような数値文字参照を使って、Unicodeコードポイントをそのまま16進数で表記すればOK.
  • JavaScript(ES5まで)とJSONなら・・・
    • サロゲートペア対象外の文字なら、\u(コードポイント16進数表現) をリテラルとして使える。
    • サロゲートペア対象の文字なら、サロゲートペアに分割し、\u(上位サロゲートの16進数表現)\u(下位サロゲートの16進数表現) とする。
  • ES6での予定(上記jsfiddleには組み込んでません)
    • サロゲートペア対象の文字でも、分割せずにそのまま \u{20BB7} (土吉) と表記できる。
    • String.codePointAt() によりサロゲートペアを分割せずにコードポイントを取り出せる。
    • RegExpで /u フラグが追加され、サロゲートペアを分割せずに1文字として処理できる。

今回は表示しか練習しませんでした。文字数のカウントなど、より実践的なテクニックについては以下の参考URLの一部で詳しく解説されてます。

また、ES6でのUnicodeサポートについては以下を参考にしました。

※hatena id:jser さんからのコメントをきっかけに、ES6でのUnicodeサポートについて追記