はじめてのErgoDox EZ購入ガイド

  • 83
    いいね
  • 1
    コメント

はじめに

  1. Community Blog - 握力王 vs 日本男児 ヘルシーすぎるプログラマ対談(Part1)
  2. Community Blog - 握力王 vs 日本男児 ヘルシーすぎるプログラマ対談(Part2)
  3. 漢(オトコ)のコンピュータ道- キーボードを新しくした話(ErgoDox)

これらの記事が公開されてから、日本のErgoDoxユーザーが爆発的に増加したとされています。私も気づいたらErgoDoxをポチっていました :muscle:

ErgoDox EZ

ErgoDox EZ

ただし、私が購入したものはErgoDoxではなくErgoDox EZです。

この記事では、ErgoDox EZとは何か、そして、私のように個人輸入の経験が少ない、あるいは全くないという方を対象に、ErgoDox EZの購入方法を説明します。記事は以下の3パートに別れていますので、興味のあるところを読んでみてください。

この記事に掲載している写真の撮影協力をしてくださった@gaaamiiにこの場を借りて感謝します。また、オフィシャル画像の使用についてはErez Zukerman氏から許可を頂きました。Thanks!

ErgoDoxの問題点

ErgoDoxを購入するハードルはあまりにも高すぎました。そう、完成品が販売されていなかったのです。日本からErgoDoxを購入する手段としては、FalbaTechというオンラインストアを利用する他に手軽な手段はありませんでした。また、手軽とはいえErgoDoxを構成するパーツをすべて自分で選ぶ必要がありました。

ErgoDox EZの誕生

IndieGoGoのプロジェクトページ

ErgoDox EZ- An incredible mechanical keyboard - Indiegogo

ErgoDoxを手軽に購入したい、そんな願いをかなえるべく登場したのがErgoDox EZです。これは、完成品のErgoDoxを製造して販売するというプロジェクトです。Indiegogoで資金調達を開始し、2015年5月26日に目標額の170%を超える資金、日本円にして約3500万円を調達しました。プロジェクトは大成功、ErgoDox EZは世界へと羽ばたいていきました。

現在、ErgoDox EZは、IndiegogoのプロジェクトページErgoDox EZのオフィシャルストアから購入できます。なお、値段はどちらから購入しても同じです。

ErgoDox EZの仕様

ErgoDox EZの外観

それでは、ErgoDox EZの仕様をチェックしていきましょう。

ハードウェア

キーボード本体の外観

ErgoDox EZの製造は3DプリンタではなくABS樹脂の射出成形により行われるため、筐体はとても堅牢です。また、筐体には適度な重さがあり、安定感も抜群です。そして、筐体は非光沢のため、手触りはさらさらとしていて高級感があります。

それでは、パーツの詳細をチェックしていきましょう。

メカニカルスイッチ

打鍵の心地を決定する重要な要素が、スイッチの種類です。ErgoDox EZは、押し心地の異なる7種類のメカニカルスイッチが選択できます。以下に、Choosing your key switches? Start here. - ErgoDox EZに記載されているスイッチのリストを引用します。

スイッチ 押下圧 (±15gf) 深さ (±0.6mm) 押した感触 メモ
Brown 55g 2.0mm 柔らかめです。 静音でオフィス用途に最適。ほとんどの人がこれを選んでいます。Cherry MX Brownに相当します。
Blue 60g 2.3mm クリック感があります。 クリック感があるキーとして一番人気です。Cherry MX Blueに相当します。
White 35g 2.0mm ストンと押せます。 Cherry MX Redを軽くした感じです。
Red 45g 2.0mm ストンと押せます。 ゲーマーに人気があります。Cherry MX Redに相当します。
Yellow 50g 2.0mm ストンと押せます。 Cherry MX Redを重くした感じです。
Black 60g 2.0mm ストンと押せます。 Cherry MX Blackに相当します。
Green 80g 2.3mm クリック感があります。 クリック感のある、かなり重いスイッチです。Cherry MX Greenに相当します。

ちなみに、私はRedを選択しました。他にメカニカルスイッチのキーボードを所有していないので比較できないのですが、Redは柔らかいと感じます。個人的には、これよりも柔らかくすると逆に指が疲れるのではないかと思うほどです。

また、キーは底まで押す必要がなく、キーを20%ほどの深さまで押せば入力できます。適度な反発もありますし、キーの表面を撫でるようなタイピングをする人に最適ではないかと思います。

メカニカルスイッチの製造元について

さて、メカニカルスイッチの製造元について、一つ注意すべきポイントが有ります。ErgoDox EZにはCherry MXシリーズのスイッチではなく、Gateronのメカニカルスイッチが使用されています。上記の表で「Cherry MXに相当」と説明されているのはそのためです。

また、この記事を執筆している時点では、購入する際にメカニカルスイッチをGateronからCherryに変更することはできません。ergodox-ez.comのFAQには、次のような説明があります。

Can I get my ErgoDox EZ with Cherry MX switches?

We stopped working with Cherry entirely a while back due to supply and quality issues. We've had nothing but happy customers with Gateron, and we're sure you'll enjoy them too. If you have any questions about this, feel free to contact us.

ErgoDox EZをCherryのMXスイッチにできますか?

製品供給と品質の問題から、私達はCherryスイッチの使用を完全に停止しています。私たちにできることはありませんが、お客様はGateronスイッチでも同様に満足していただけると確信しております。この件に関して、何か質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

残念ながらCherry MXシリーズのメカニカルスイッチは今後も選択できそうにありません。

キーキャップ

キーキャップは次の2種類から選択できます。

種類 刻印 f / jキーの突起 全体の形状
Blank なし あり すりばち状
Printed あり なし フラット

両者の特徴についてはOur Keycaps - ErgoDox EZにて説明されています。以下に、両者の特徴を引用します。

Blankキーキャップ

Blankキーキャップ

Blankについては次のように説明されています。

ErgoDox EZ Blank DCS keycaps

The professional name for these keycaps is DCS, and they are made by Signature Plastics. There are a few things you should know about them: They are sculptured, which means each row of keys is differently shaped. If you carefully look at the image above, you will see this: The bottom keys are angled upwards to meet your fingers, while the top keys are angled down. They come with tactile nubs on the two keys where F and J usually sit (for QWERTY). So you can rest your fingers on them and know you're on the home row. The blank keycaps are ideal for users who are comfortable touch typing and don't need to locate individual keys out of context (i.e, hit just the J key on its own suddenly).

ErgoDox EZ無刻印DCSキーキャップ

このキーキャップにはDCSという特別な名前がつけられており、Signature Plastic社によって製造されています。ここで、キーキャップについて知っておくべきことがあります。キーキャップには、すりばち状の凹みがあり、それぞれの段にあるキーは形状が異ります。上記の画像をよく見ていただくと確認できます。下段のキーは、指に沿って上向きに傾斜しており、上段のキーでは下向きに傾斜しています。また、(通常のQWERTY配列における)fキーとjキーの位置には突起がついており、そこに指を置くことでホームポジションを確認できます。無刻印キーキャップはタッチタイピングに慣れており、(例えば間違えてjキーを押さないように)個々のキーが通常の配列から逸脱しているものを必要としないユーザーにとって理想的です。

Printedキーキャップ

Printedキーキャップ

Printedについては次のように説明されています。

Printed, uniform keycaps

These keycaps, also made by Signature Plastics, come with letters and characters printed on them. Here's what you need to know about them: Only the 1x1 keys on the body of the keyboard have characters, as you can see above. This is an intentional choice, as it allows you to decide what the keys on the periphery of the keyboard do. Those outside keys are blank so you'll never end up with labels that are wrong. All of the keys are the same profile (DSA). This means you can move them around as needed. If you use Colemak, Norman, Dvorak, or any other alternative keyboard layout, you'll be able to move them around.

印刷済みの均一なキーキャップ

こちらのキーキャップも同様にSignature Plastic社によって製造されており、表面には文字と記号が印刷されています。このキーキャップについて知っておくべきことは次のとおりです。上記をご覧の通り、キーボード本体にある1 x 1サイズのキーにのみ記号があります。これは意図的な選択であり、周辺のキーをどのキーにするか決められるようにするためです。そして、外側のキーは無刻印のため、キーのラベルが間違ったものになってしまうことはありません。なお、すべてのキーは同じ(DSA)プロファイルとなっています。つまり、必要に応じてキーが移動できるということです。ColemakやNorman、Dvorakやその他どんなキー配列を使う場合でも、キーの移動ができます。

注意すべきポイントとしては、Printedを選んだとしてもサイズが1 x 1ではないキーキャップには記号が印刷されていないところでしょうか。

DCSとDSA

ところで、キーキャップの説明に馴染みのない用語が登場しました。DCSとDSAは、キーキャップの形状を表す名称のことです。詳細については、以下のページをご覧ください。

Whats New - Custom keycaps direct from the manufacturer

チルト・テントキット

チルト・テントキット

ErgoDox EZの本体には、3箇所のネジ穴が設けられています。そこへゴム足のついた金属のバーを固定することで傾きが調整できるようになっています。なお、キーボード本体のそこにはコム足があるので、チルト・テントキットがなくても使用できます。

Wingリストレスト

Wingリストレスト

ErgoDox EZには、アクセサリーとしてWingというなまえのリストレストが用意されています。以下に、その説明を引用します。

Made of a rigid silicon-like polymer (more expensive than ABS plastic), the Wing is a black and substantial custom-molded wrist rest for the ErgoDox EZ. Carefully contoured to match the signature curve of the ErgoDox EZ, the Wing comes as a separate accessory. This allows you to change the distance between the Wing and the ErgoDox EZ for optimum comfort during your day. We found there is no one perfect distance: Different times of day call for different postures.

こちらは、ErgoDox EZのために整形された堅牢な黒色のリストレストで、ABS樹脂よりも高価な硬質シリコン状ポリマーを使用して製造されています。ErgoDox EZ固有の曲線に沿うように形作られており、Wingは独立したアクセサリとなっています。これによりWingと、ErgoDox EZとの最適な距離を調整することが可能になります。私たちは完璧な距離というものが存在しないことを知りました。その時時によって要求する姿勢は異なるからです。

ところで、リストレストがシンナー臭いというレビューがあります。これは事実で、私の購入したErgoDox EZに付属するWingリストレストも強烈なシンナー臭がしました。しばらく使っていれば自然に臭いは消えそうな気がしますが、オフィスなど周囲の人に影響が及ぶ環境で使用する場合は注意してください。臭いが気になる場合は、Wingを使わず市販のリストレストを購入したほうがいいかもしれません。

追記 2016-10-30

購入後、約4ヶ月が経過しましたので、改めてレビューします。購入後1週間でリストレスト表面の匂いはほぼなくなったのですが、今は全く匂いがしません。ただし、裏面からは多少シンナーのような臭がします。

その他

キーボードとPCは、USB Mini-B端子のケーブルで接続します。そして、左右のキーボードを接続するケーブルは3.5mmプラグのケーブル(ヘッドホンやイヤホンに使われているプラグと全く同じもの)が使用されています。専用ケーブルではないので、同梱されているケーブルをなくしてしまった場合も安心です。

追記 2016-06-17

左右のキーボードを接続するためのケーブルについてですが、改めて確認したところ、端子が3つある普通のイヤホンプラグではなく、端子が4つあるプラグとなっていました。従って、市販のオーディオ用ラインケーブルは、使用できません。誤って接続しないよう注意してください。

参考: #Ergodox とケーブルの話 / Speaker Deck

ファームウェア

ErgoDoxとErgoDox EZのファームウェアに違いはありません。もちろん、ErgoDox EZのファームウェアはオープンソースであり、自由に書き換えることができます。Our Open-Source Firmware - ErgoDox EZには、次のような説明があります。

Customizing your ErgoDox EZ

Out of the box, your ErgoDox EZ comes with the default ErgoDox EZ firmware (QMK, or Quantum Mechanical Keyboard) and QWERTY keyboard layout as shown above. You can, however, completely transform it. Decide what each key does, and even create entirely new layers of keys. The default firmware has a dedicated layer for numbers and coder-friendly symbols, and a layer with media keys and mouse keys. It also supports N-key rollover out of the box. Then again, you can customize it any way you like.

ErgoDox EZをカスタマイズする

開封後のErgoDox EZには、(QMKやQuantum Mechanical Keyboardと呼ばれる)デフォルトのファームウェアが付属します。しかし、これは完全に変更することができます。それぞれのキーの役割を決めたり、全く新しいキーレイヤーを作成することさえ可能です。デフォルトのファームウェアは、数字とコーダーがよく使う記号、メディアキーとマウスキーのレイヤーが設定されています。また、Nキーロールオーバーも最初からサポートされています。しかし、繰り返しになりますが、これは好みに合わせていくらでもカスタマイズできます。

ということで、思う存分カスタマイズできます。

さて、ここでErgoDox EZの保証内容について注目すべきポイントが有ります。上記の続きになりますが、ファームウェアを独自のものに書き換えた場合の保証内容について、次のような説明がされています。

If you happen to know C, you can customize and compile the actual firmware the ErgoDox is running. This firmware has been created by Jack Humbert of OLKB fame, and is available on GitHub -- that's a direct link to the ErgoDox EZ keymap C file, which you can modify to your liking. And yes, we will fully respect your warranty if you flash your own version (or any other firmware for that matter).

C言語を知ってしまったら、カスタマイズしてErgoDoxで動作する実際のファームウェアをコンパイルできます。ErgoDox EZのファームウェアは、OLKBで有名なJack Humbertが作成したもので、GitHubから入手できます。 -- こちらはErgoDox EZで使われているキーマップのC言語ファイルへのリンクです。好みに合わせて変更できます。そして、私たちはお客様が独自のバージョン(あるいはその他どんなファームウェア)を書き込んだ場合でも、保証については十分に尊重いたします。

確実に保証できる、とは書かれていませんが、ファームウェアを独自のものに書き換えた場合でも保証の対象となります。おそらく、保証について明示されていないのは、コントローラにファームウェアを何万回も書き込んで物理的に書き込みができなくなった場合を想定しているからではないかと思います。ただ、通常の仕様範囲でそのような状況に陥ることはまずないと思います。

なお、コントローラに書き込んだバイナリが破損していてファームウェアを実行できなかった場合は、それを無視してデフォルトのファームウェアにフォールバックします。

ErgoDox EZの購入

ErgoDox EZの化粧箱

写真に写っているのはErgoDox EZ無刻印モデルとWingリストレストの化粧箱です。飾り気のない真っ黒な箱からはストイックに品質を追求する姿勢がかいま見えます。

さて、キーキャップとメカニカルスイッチは何を選ぶか決められたでしょうか。それでは購入ステップに進みましょう :muscle:

なお、この記事ではIndiegogoではなく、ergodox-ez.comから購入することを前提に説明を進めていきます。

購入できる商品の組み合わせについて

ergodox-ez.comから購入できる商品の組み合わせは、次のとおりです。

内容 価格(USD)
ErgoDox EZ bundle with Blank keycaps 295.00
ErgoDox EZ bundle with Printed keycaps 295.00
ErgoDox EZ bundle with no keycaps 260.00

キーキャップを購入後に交換する予定であれば、最初からキーキャップなしの260.00 USDのErgoDox EZ bundle with no kecapsを購入するのがおすすめです。なお、上記の商品は、すべてチルト・テントスタンドとWingリストレストが付属します。

配送料について

配送料は世界共通で一律30.00 USDです。なお、配送業者はTNT(西濃運輸)またはUPS(クロネコヤマト)のどちらかになります。注文後に自動で決定されるため、選択することはできません。商品受け取りの時間帯も指定できませんので注意してください。

支払い方法について

支払いはクレジットカードのみとなります。PayPalには対応していないので注意してください。

ただ、私は支払いに若干の不安があったので、今回はクレジットカードではなく住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを利用しました。特にトラブルはなく、注文フォームのComplete Orderボタンを押すと同時に口座から引き落としが行われました。おそらく、他のVISAデビットカードでも問題なく支払いできるのではないかと思います。

見積り

それでは、Blank keycapセットを購入する場合の価格を見積もってみます。

% irb --simple-prompt
>> ergodox = 295 + 30 # USD
=> 325
>> exchange_rate = 110 # JPY
=> 110
>> visa_fee = 0.025 # too much!
=> 0.025
>> ergodox * exchange_rate * (1 + visa_fee)
=> 36643.75

ということで渡しの場合、日本円での支払額は、およそ37,000 JPYになりそうです。為替レートについては、VisaやMasterCardなどが定める為替レートを確認してください。

注文の確定

注文確定のスクリーンショット

さて、購入する商品が決まったら、Checkoutへ進みましょう。、支持に従って情報を入力すれば注文は完了です。注文確定のメールが届けば、あとは商品の到着を待つのみとなります。

ちなみに、私の場合は2016/06/05に注文したのですが、なんと5日で商品が到着しました。注文確定のメールには、2週間で発送と書かれていましたが、商品の到着が早まる場合もあるようです。

実際の支払額

私が購入した商品の税込価格は、次のとおりです。

価格 (送料含む ) 消費税 合計
36,359 1,300 37,659

私は価格に見合う価値があると思って購入しましたし妥当な範囲に収まっていると思います。何より、ErgoDox EZの質感の高さはプライスレスです。もしErgoDoxを自作していたら悲惨んなことになっていたでしょう。

保証期間と内容について

ergodox-ez.comのFAQには次のような説明があります。

What is your warranty policy?

The ErgoDox EZ is covered by an extensive 2-year warranty. As long as you don't take it apart or physically break it, you should be covered. If you feel that something isn't working right, or have any questions regarding our warranty, please contact us.

保証の内容はどうなっていますか?

ErgoDox EZは、2年間の長期保証の対象となります。お客様が製品を分解または故意に破損しないかぎり、保証の対象となります。正常に動作していないと感じたり、保証にかかわらず、何かご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

日常的な仕様で故障した場合の保証期間は2年間ということで、安心感があります。ただし、メカニカルスイッチを自分で交換するなど、ハードウェアの改造をした場合には保証の対象外となるので注意が必要です。

また、返品と返金については、次のような説明がされています。

Can I return the keyboard?

If you're not happy with your ErgoDox EZ for any reason, please contact us. We're a small scale company and we care deeply about our product. We will do everything in our power to help you. If you decide to do so, and you purchased your keyboard on this website, you can return the keyboard for a full refund (excluding shipping fees) within 30 days of your purchase.

キーボードは返品できますか?

理由にかかわらずErgoDox EZに満足いただけ内容でしたら、お問い合わせください。私達の会社は規模が小さいため、製品については注意を払っており、お客様のために私たちは全力を尽くします。それでも返品を希望される場合は、このWebサイトでキーボードを購入してから30日以内に限り、キーボードを返品していただくことで送料を除き全額を返金いたします。

おそらく、メカニカルスイッチの押し心地が気に入らなかった場合でも返品は受け付けてくれるのではないかと思います。ただし、当然ですが返品の問い合わせと国際宅配便を使った商品の返送をすべて自力で行う必要があります。

関税・通関手数料・消費税について

ここからは、ErgoDox EZの購入とは直接関係のない話題になります。

冒頭で説明したとおり、この記事は個人輸入の経験が少ない、あるいは全くないという方を対象としています。そこで、関税などの各種税金について知っておくと役立ちそうな情報についてまとめました。

税金の支払いについて

税金は、商品の受取と同時に現金で支払います。

余談ですが、予想していたより商品の到着があまりにも早かったので、受け取り損ねてしまいました。再配送してもらおうとクロネコヤマトの自動音声案内の番号に電話したところ、なぜか受け付けできませんと言われ、一瞬焦りました。結局、お問い合わせ窓口に連絡したところ無事に再配送されました。受取と同時に税金を支払う必要がある商品の場合は他の配送業者でも同じような状況になるかもしれません。

為替レートについて

1406 価格の換算に用いる外国為替相場(カスタムスアンサー)  税関 Japan Customsによると、次のように定められています。

 課税価格を計算する場合には、輸入申告の日における外国為替相場により、外国通貨で表示された価格を我が国の通貨へ換算する必要があります。 その外国為替相場は、輸入申告の日の属する週の前々週における実勢外国為替相場の当該週間の平均値に基づき、税関長により毎週公示されています。 なお、外国為替相場は、税関ホームページ(http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index.htm)で閲覧することにより入手できます。

輸入申告のあった日ということで、商品が税関を通過した日に為替レートが決定されるようです。上記の説明にあるとおり、為替レートは外国為替相場(課税価格の換算)  税関 Japan Customsにて公開されています。

課税標準価格

1104 関税の課税標準 (カスタムスアンサー)  税関 Japan Customsには次のような説明があります。

貨物を輸入しようとするときには、原則として関税、内国消費税及び地方消費税が課税されますが、この場合の、税額を算定するときの基礎となるものを課税標準と呼び、課税する割合を税率といいます。関税は、原則として、輸入申告時の貨物の価格又は数量を課税標準として課すると定められています。 (省略) 課税標準となる価格は課税価格といい、卸売価格に運賃と保険料を加算した合計額(CIF価格)となります。

送料を含む商品の価格を先ほどの為替レートを利用して日本円に換算したものが課税標準の価格となります。そして、関税と消費税の税率は課税標準価格に対して適用されます。ちなみに、いわゆる「消費税」は内国消費税と地方消費税を合算したものです。

関税について

関税については少額輸入貨物の簡易税率  税関 Japan Customsによって、次のように定められています。

少額輸入貨物の簡易税率

(総額20万円以下の場合) 海外から商品を輸入する場合、個人使用の品物または贈り物であっても、原則としてその商品に対して関税が課されることとなりますが、一般貨物または郵便小包を利用した場合で、課税価格の合計額が20万円以下の場合には、一般の関税率とは別に定められた簡易税率が適用されます。

購入したErgoDox EZは送料を含めても20万円以下です。したがって、少額輸入貨物として簡易税率が適用されることになります。さらに、簡易税率では、電子機器について課される関税について無税と定められています。ということで、関税は一切発生しません。また、通常は関税が発生すると配送業者が税関を通過する際に関税の支払いを代行します。しかし、今回は関税が発生しないため、関税の支払い代行手数料も発生しません。

特例による課税標準価格の軽減

先ほど、課税標準価格について説明しましたが、この価格は特例により軽減の対象になるそうです。税額の計算方法  税関 Japan Customsには、次のような説明があります。

「課税価格」とは、一般の輸入取引の場合の輸入港での価格をいいます。通常、携帯品や別送品として持ち込まれるお土産等については、海外での小売価格(購入価格)の6割程度の額としており、税関では、この課税価格をベースにかかる税率をかけて税額を決定しています。

上記は海外旅行のおみやげを例に説明していますが、小学輸入貨物も課税価格が本来は100%のところ、特例により約60%に軽減される対象となるようです。個人輸入の解説ブログなどで、課税標準価格が60%に軽減される、という情報が散見されるのは、これが根拠のようです。

消費税について

No.6563 輸入取引|消費税|国税庁には、次のような説明があります。

保税地域から引き取られる外国貨物、いわゆる輸入品には、原則として消費税がかかります。この外国貨物を保税地域から引き取る者は、原則としてその引取りの時までに輸入申告書を提出し、消費税を納付しなければなりません。なお、輸入取引についても、別途地方消費税が課税されます。

個人輸入の商品に対しても通常の買物と同様に消費税が課せられます。上記の説明では、消費税の他に別途地方消費税が課せられるという記述がありますが、この文脈における消費税は内国消費税の意味です。

税金の計算

それでは、今回のErgoDox EZを例にして、大雑把に税金を計算してみます。

% irb --simple-prompt
>> ergodox = 325 # USD
=> 325
>> duty_rate = 0.0 # Great!
=> 0.0
>> exchange_rate = 114 # JPY
=> 114
>> base = ergodox * exchange_rate * 0.6 # JPY
=> 22230.0
>> duty = base * duty_rate # duty free!
=> 0.0
>> tax_rate = 0.08 # too much!
=> 0.08
>> tax = (duty + base) * tax_rate # JPY
=> 1778.4

およそ1,800 JPYとなりました。この記事を執筆している時点では、直近1か月の為替レートは、およそ1、 USD = 109 JPY前後で推移しています。通関までに円安の方向へレートが急激に変動することはありませんがここでは多めに見積もって5円プラスしています。実際に支払う税額がこれより高くなることはないと思います。

まとめ

ErgoDox EZがキミを待っている :muscle: :muscle: :muscle:

参考