Homebrew CaskでVagrantの環境構築メモ

  • 74
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今まで手動でアプリケーションパッケージダウンロードしてきてインストールしてきたけれど、アップデートが面倒になってきたのと環境構築をAnsibleに移行していくための布石として、OSXでのパッケージマネージャのHomebrewを拡張したCaskを使った環境構築にシフトしていこうと思ったのでメモ。

Homebrew

OS標準じゃないパッケージマネージャに依存するのに少し抵抗あったけれど、これだけ普及していれば使っちゃっていいかな、とおもって本格的に移行することにする。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrew Cask

Homebrewだけだと対応していないパッケージもあるのでコミュニティベースで追加されていくCaskも導入。yumのepelとかremiみたいなもんかな?

cask自体はbrewでインストールできる。

brew install caskroom/cask/brew-cask

Vagrant

Cask使えば簡単。VirtualBoxとついでにメニューバーからBox管理できるvagrant-managerも入れておく。

brew cask install virtualbox
brew cask install vagrant
brew cask install vagrant-manager