docker-compose "up" " run" "start" コマンド 違い

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

docker-compose up

👉 docker-compose.ymlで定義したサービスを開始または再起動する

  • 
デフォルトは「アタッチド」モードであり、全てのコンテナのログが画面上に表示される。
  • 
「デタッチド」モード( -d )では、Compose はコンテナを実行すると終了するが、コンテナは後ろで動き続ける
。

docker-compose run

👉 「ワンオフ」(one-off;1つだけ、偶発的) または「アドホック」(adhoc;臨時)なタスクを実行
する

  • 実行するにはサービス名の指定が必要であり、特定のサービス用のコンテナを起動し、かつ依存関係のあるコンテナも起動する
。
  • テストの実行であったり、データ・ボリューム・コンテナに対するデータの追加・削除といった管理タスク。
  • 
run コマンドは実際には docker run -ti。
コンテナに対してインタラクティブなターミナルを開き、コンテナのプロセスが終了すると、その時点の該当する終了コードを返す。


docker-compose start

👉 既に作成済みのコンテナを再起動
する

  • 止まっているコンテナを起動するだけであり、新しいコンテナは作成しない。