1. Qiita
  2. 投稿
  3. RaspberryPi

Raspberry Pi 3 (Raspbian Jessie)の無線LANに固定IPアドレスを設定する

  • 20
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

Raspberry Pi 3にはWiFiモジュールが内蔵されています。

この記事では、Raspbian Jessieのバージョン(2016年7月時最新)における無線LAN設定と、その固定IPアドレス設定方法を記します。

Debianのバージョンを確認

$ cat /etc/debian_version

8.0のように、Debianのバージョンが8.0以上(Jessie)であるかを確認。

無線LAN設定

以下を参考にしました
Raspberry Pi 3を買ってMacを使ってWiFi接続とSSHの接続するまで

無線LAN設定は初期インストール時や、GUI等でも設定可能ですが、無線LANの生パスワードを残さない方法として紹介します。

wpa_supplicant.confに無線LAN情報を追記

以下を実行

$ sudo sh -c 'wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'

SSIDPASSPHRASEを自身の無線ルータ等の設定にしてください。

生パスワードを削除

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイル内では、生パスワードがコメントアウトで記載されているので、確認してから削除しましょう。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=GB

network={
        ssid="SSID"
        #psk="PASSPHRASE" #消しておきましょう
        psk=xxxxxxxxxxx....xxx
}

固定IPアドレス設定

以下を参考にしました
Raspberry Pi 2 (Raspbian: jessie) でIPアドレスを固定する

dhcpcd.confにネットワーク情報を追記

Raspbian Wheezyでは、固定IPアドレス設定には、/etc/network/interfaceのファイルを修正しましたが、Jessieからは代わりに/etc/dhcpcd.confファイルへ設定内容を追記します。

/etc/dhcpcd.conf
# 追記
interface wlan0
static ip_address=192.168.11.40/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

上記の設定はBuffalo無線ルータの場合の設定です。
routersというのはgatewayに当たります。

設定確認

シャットダウンしてLANケーブルが繋がっているならば抜き、再起動後、指定したIPアドレスで無線LANが設定されているかを確認します。

$ ip addr
(略)
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether b8:27:eb:82:1b:df brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.11.40/24 brd 192.168.11.255 scope global wlan0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::dcdd:d297:5e54:2b4d/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

これで無線LANを通じてSSH接続等ができるようになりました!

Comments Loading...