AWSで無料枠を超えた時にアラートを飛ばす

  • 157
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

AWSでは新規にアカウントを取得してから1年間、サービスごとに無料枠が用意されています。
私のような貧乏エンジニアはその枠を大いに利用させてもらって勉強したいと思うのですが、
AWSは従量課金のサービスなので、気づかぬ間に無料枠を超えてしまわないか心配です。

そんな人のためにAWSでは請求金額が一定金額に達した際にメールで通知される仕組みが用意されています。

AWSのアカウントをとった人はまず最初にこの設定をしておくことをオススメします。

設定手順

まずAWSにログインし、メニューバーの右の方にある自分のアカウント名をクリックし、
『Billing & Cost Management』を選択します。

001.jpg


画像の赤丸で囲った『Enable Now』をクリックします。
左メニューの『Preferences』でも大丈夫です。

002.jpg


画像にあるように下記順に実行
1. 『Receive Billing Alerts』にチェックを入れる
2. 『Save preferences』をクリック
3. 『Manage Billing Alerts』をクリック

003.jpg


左メニューにある『Billing』をクリック

004.jpg


『Create Alarm』ボタンをクリック

005.jpg


真ん中にある2つのテキストボックスに値を入力後、右下の『Create Alarm』をクリック
(もっと詳細に設定したい場合は下の方の『show advanced』をクリックすると詳細設定ができる)

  • 入力欄上:アラートを出したい金額(今回は10ドルでアラートが飛ぶように設定)
  • 入力欄下:アラートを飛ばしたいメールアドレス

006.jpg


ポップアップが現れて、先ほど入力したメールアドレス宛に認証メールが届くので、メール内のリンクをクリックする

007.jpg


メールのリンクをクリックし、認証が完了したらステータスが『OK』になり、設定完了

008.jpg

最後に

これで突然数万円請求されて社会的な死を迎えるリスクを軽減することができました。
ちなみにリアルタイムの監視ではなく、一定間隔ごとのチェック(デフォは6時間)になっているはずなので気をつけましょう。
チェック間隔も設定できるのかな……?

これでお金の心配をしなくても、AWSがガンガン使えますね!