AWSで独自ドメインを設定したい。

  • 160
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

「これは、素人がAWSを使ってWebサービスを生み出す過程の、自分用メモでございます。」

今の僕の状態は、以下の通り。

  • AWSアカウント開設
  • EC2インスタンスをローンチ
  • SSH接続をできるようにして
  • セキュリティグループに「Tyep:HTTP/PortRange:80」を追加
  • SSH接続後に、LAMPインストール完了で、Public IPをブラウザで叩いてアクセスできるようになった。

今回やりたいのは、

独自ドメイン(お名前.comで取得済み)と、IPアドレスに紐づける!

です。

まずは「Elastic IP」を設定する。

最初は、Public IP(PIP)が設定されていて、Elastic IP(EIP)は設定されていません。

PIPは時間が経つと変わっちゃうみたいで、EIPを設定しておかないと独自ドメイン設定できないっぽい(詳細しりませんが。。)ので、これを設定します。イージーです。

EIP設定方法

  • EC2ダッシュボードのサイドメニュー「Elastic IPs」クリック
  • 「Allocate New Address」をクリック。そうするとEIPが取得できます。
  • 「Associate Address」をクリックして、作ったインスタンスを選択すれば完了!

超イージーです。

つづいて「Route 53」の設定

これはDNSらしいので、これで、取得しているドメインとEIPを紐づければイケそうです。

設定方法はコチラ下。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/MigratingDNS.html
http://blog.higemegane.com/2014/01/wp_with_aws2/
http://recipe.kc-cloud.jp/archives/447

これもとても簡単です。ボタンポチポチして、取得してあるドメイン名とEIPを指定の場所に入力したら終わりです。

(いざ反映される時間がクソ長いなぁとか思って調べてみると「TTL」とかの設定が潜んでいて、やっぱり難しいと感じている。。)

さて、いざ、独自ドメインにアクセス!

「。。。まだ反映されていない。。」

ちょっと時間かかるようです。しばらく待ってみたいと思います。

しばしお待ちください。

Route 53 のネガティブキャッシュについて!

いやはや、危ないところでした。上記設定で、あとは少しすれば、独自ドメインでアクセス可能かと思いきや。。。ですよ。

僕がやりたかったこと

  • もともとサクラのレンサバで「rumcode.net」(独自ドメイン)を使用していて
  • 今回Route53へ移行

問題

  • なかなか独自ドメイン「rumcode.net」にアクセスして反映されないこと

原因&解決策

スクリーンショット 2014-11-30 17.21.09.png

Route53ダッシュボードで、「Go to Record sets」をクリックすると、上のようにレコードセットの情報が見れます。

このTTLが、キャッシュする時間らしいのです。でもともとの設定だと48時間とかになっていたりします。(そうすると全然、DNSの設定が反映されません。。)

なので、やることは、Type[A]と[SOA](これらの意味は知りませんけど(涙))のレコードでTTLを300(秒)とかにしてやります。そうすると5分待てば、反映されます!

iTermからの調べ方メモ

まずは、そもそも独自ドメインrumcode.netにEIPが紐づけられているのか知りたかったので、

ドメインからIPを調べる
nslookup rumcode.net

# Server:       192.168.1.1
# Address:  192.168.1.1#53

# Non-authoritative answer:
# Name: rumcode.net
# Address: 54.64.192.149

五分後には、上のようにEIPに紐づけられましたが、その前はAddressが昔のsakuraのものでした。orz。

それから、ネームサーバーの情報を調べるコマンド。
(AWSのダッシュボードからも見れますけど。。黒い画面から見ると無駄にテンションあがるので!)

dig -t soa rumcode.net

そうすると長い情報が帰ってくるのですが、中腹に下記のような記載があります。これで、TTLが300になっていることが確認できます。

# rumcode.net.        300 IN  SOA ns-300.awsdns-37.com. awsdns-hostmaster.amazon.com. 1 7200 900 1209600 86400

「SOAってなんですか??」

http://www5e.biglobe.ne.jp/%257eaji/3min/64.html

上記のサイトにとても分かりやすく説明が載っていそうだ。。。!神だ!!

しかし、む、難しい。。DNSのリソースレコードタイプについては、別途勉強を致します。

本日はここまで。有り難うございました。