こんにちは、@miwakaiです。
Acroquest Technologyで品質保証・テストエンジニアをやっています。
ソフトウェアテスト Advent Calendar 2016の20日目です!
最近社内導入したSquashTMというテストマネジメントツールについて、お話しします。

なぜテストマネジメントツールを導入したのか?

 今までAcroquestはテストケースはExcelで管理していました。が、
 案件が受託開発や大規模開発から、サービスやプロダクト開発が中心となり、
 頻繁にリリースが入るようになりました。

 そうして短期でテストを繰り返し実施するようになったことで、
 テストの状況も変わってきたのです。
 これまでのように、確定した仕様をもとにテストを行う、ということではなく、
 開発と並行してテストケースを育て、品質を向上する必要が出てきました。

 そうなったとき、Excelでのテストケース管理では限界がありました。
 ということで、テストマネジメントツール導入に舵をきりました!
problem.PNG

なぜSquashTMにしたのか?

 数多のテストマネジメントツールがあるなか、なぜSquashTMかというと・・・

  1. Webでテストケースを管理できるから、テストケースのメンテナンスが容易。
    会社として一元管理なんかもできる!

   「あのテストケースどのExcelだっけ~」という会話が不要になり、
   「結局ログイン機能ってどのツールでも試験するんだから、
    会社として共通のテストケース持ってればいいじゃーん」が実現できました。

  2. Excelのエクスポート・インポートができる
    過去資産(Excel)を流用でき、導入コストが抑えられます。

  3. 画面がモダン!シンプル!
 
 という理由からです。ちなみに、最終決戦は TestLink vs SquashTMでした。

 SquashTMは4つのWorkSpaceがあり、これらを順につかうことで、テストを進めます。

workspace.PNG

DashBoardはホント、いいです

 わたしが一番気に入っているのは、このDashBoard機能です!
 report.PNG

 自動でテスト結果を集計してくれます。
 面倒くさがりなわたしは、Excelでの集計や分析から解放され、
 これだけでかなり助かっています。
 遅れや問題にも気づきやすくなりました。ふぅ。

 また、円グラフの赤い部分、テスト失敗(failure)をクリックすれば、
 不具合項目が抽出されてくるのもホントに便利。
 feedback.PNG

 プロジェクトリーダーから、「テストの傾向教えて~」とか急に言われても、慌てたりしません。
 DashBoard見せながら「ここら辺が心配ですね~」と話がすすむ!これはうれしかったです。

さいごに宣伝させてください

 ということで、テストマネジメントツールSquashTMについてお話ししてきたのですが、
 一番「導入して本当によかった」と感じたポイントについては、
 JaSST Tokyo2017でお話しさせていただけることになりました。

 2/3(金)の事例発表のセッションで
「テストマネジメントツールSquashTMを利用した継続的テスト改善」というタイトルで
 お話しさせていただきます。
 ご興味持たれた方はぜひお越しください!よろしくお願いします!

この投稿は ソフトウェアテスト Advent Calendar 201620日目の記事です。