1. Qiita
  2. 投稿
  3. JINSMEME

JINS MEMEについての簡単なまとめ

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

JINS MEME Advent Calendar 2015の記事です。

JINS MEMEとは

箇条書きで簡単にまとめてみます。

  • 2015年11月5日に発売を開始した「内なる自分を知ることができるウェアラブルメガネ」というコンセプトのメガネ
  • JINS PCを販売するジェイアイエヌ社が、研究者とコラボし開発
  • スマートフォンアプリとbluetoothで連携し、様々な機能を提供
  • デベロッパにもSDKを解放

公式webページ:https://jins-meme.com/ja/

以下のプロダクトビデオ(2分10秒)を見ると、どんなものかイメージつきやすいと思います。

About JINS MEME

JINS MEMEのラインナップ

JINS MEMEは、現在(2015年12月1日時点、以後同)、ES、MT2つのタイプが発売されています。
こちらのページで比較表を見ることができます。
https://jins-meme.com/ja/collection/compare/

ES

model_es.png
画像: JINS MEME比較表ページより

1番の特徴は、3点式眼電位センサーが搭載されていること。

3点式眼電位センサーとは

眼電位は、角膜側に流れる電荷(正)と網膜側に流れる電荷(負)の電位差のこと。眼球が動くことで発生した電位を、鼻あてとブリッジの部分に搭載されているセンサーで検出し、目線の移動量や瞬きを検出します。

3軸加速度センサー, 3軸ジャイロセンサー

MTと共通なので以下で説明します。

MT

model_mt.png
画像: JINS MEME比較表ページより

これはサングラスになっていて度は入れられないようです。ということで野外やスポーツ用途な感じですね。機能的にはESから眼電位センサーを除いただけのようです。

3軸加速度センサー, 3軸ジャイロセンサー

加速度センサーは、単位時間当たりの速度変化や、重力加速度を検出する装置で、"動き"一般を検出する場合によく使われます。3軸ということなので、xyz軸について速度変化量を検出しています。

ジャイロセンサーは、単位時間当たりの回転量を検出する装置です。なので、例えば加速度がめっちゃ小さくてもこれを使えば頭がxyz軸のどこにどのくらい傾いているか検出することができます。

参考:
http://ednjapan.com/edn/articles/1406/09/news014.html
http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/ios_sensor02/01.html

JIJS MEMEの公式アプリ

現在、3つのアプリがリリースされています。
※ 以下、こちらのサイトより転用

JINS MEME

センサーで得たデータを独自のアルゴリズムで解析し、集中・活力・落ち着きの3つの指標でマインド(心)の状態を判定します。その他、瞬きや姿勢のトラッキングができるそうです。(AppStore

※ ESタイプでのみ利用可

JINSMEME_app.png

JINS MEME RUN

正しいランニングフォームで走れているかを測定する「JINS MEME RUN」。加速度センサー、ジャイロセンサーを使って測定しています。(AppStore
※ ES/MT両タイプで利用可

RUN.png

JINS MEME DRIVE

安全運転をサポートするアプリ。3点式眼電位センサーで眼球の動きや瞬きを計測して、眠気を検出するそうです。眠くなると目線が下がったり、瞬きが多くなったりすることを利用しているのだと思います。長距離運転をするドライバーさんの居眠り運転帽子によさそうです。(AppStpre
※ ESタイプでのみ利用可

DRIVE.png

デベロッパサポート

ユーザサポート

これは一般のサポートページですが、FAQがかなり充実しています。ここを見ると解決することもあるかもしれません。
https://jins-meme.com/ja/support/user-support/ios/

デベロッパサイト

以下のデベロッパページに色々と情報がまとまっています。
https://developers.jins.com/ja/

SDKについては、リソースから色々と情報収集できます。SDKのダウンロードもこちらからです。
https://developers.jins.com/ja/resource/docs/startup_guide/ios/
developerResource.png

リソースの、"JINS MEMEとアプリの関係"って部分にしれっと重要なことが書いてあるような...隅々までチェックしておくことをおすすめします。

また、わからないことがあればフォーラムで開発者同士質問/回答しあうことができます。

SDKについて

現在はiosのみSDKが提供されています(Androidも一瞬出ていたような...ただ2016年1月リリースの予定だそう)。

また、公式のJINS MEMEアプリではスタンダードモード使ってアプリを作っているようなのですが、SDKで提供しているのはリアルタイムモードのみになります。
cf.) https://developers.jins.com/ja/forums/sdk/topic/8519/

リアルタイムモードで取得可能なデータ一覧

気になる、取得可能データはこちらになります。

名前 説明
eyeMoveUp 視線が上に動いたかどうかを示す整数値
0:なし
1:移動検知ー小
2:移動検知ー中
3:逆移動検知ー大
4:逆移動検知ー特大
eyeMoveDown 視線が下に動いたかどうかを示す整数値
0:なし
1:移動検知ー小
2:移動検知ー中
3:逆移動検知ー大
4:逆移動検知ー特大
eyeMoveLeft 視線が左に動いたかどうかを示す整数値
0:なし
1:移動検知ー小
2:移動検知ー中
3:逆移動検知ー大
4:逆移動検知ー特大
eyeMoveRight 視線が右に動いたかどうかを示す整数値
0:なし
1:移動検知ー小
2:移動検知ー中
3:逆移動検知ー大
4:逆移動検知ー特大
blinkSpeed まばたきのスピード(Millisecond)
blinkStrength まばたきの強さ (一般的に、50~200の間におさまります。)
walking かかとを地面についたかどうか。それを検出するとtrueになる
roll 姿勢を表す角度のうちのロール要素を示す度
pitch 姿勢を表す角度のうちのピッチ要素を示す度
yaw 姿勢を表す角度のうちのヨー要素を示す度
accX 加速度のX軸の値。-128 ~ 127 の1byteの整数値
accY 加速度のY軸の値。-128 ~ 127 の1byteの整数値
accZ 加速度のZ軸の値。-128 ~ 127 の1byteの整数値
fitError JINS MEMEがきちんと装着されているかどうかを示す整数値。
0:エラーなし
1:左鼻パッドエラー
2:右鼻パッドエラー
3:ブリッジエラー
powerLeft 電池残量を表す整数値
0:充電中
1:低電圧
2:Lv2
3:Lv3
4:Lv4
5:満充電

それほど多くはない印象です。これを駆使すれば、公式アプリのような凄いやつが作れるのか否か!それはこれからのお楽しみということで。

以下、気になった単語の補足です。

roll, pitch, yaw

いわゆるオイラー角のx,y,z軸の動きに相当していて、頭を中心にして、どこに何度傾いたかを検知できるようです。

roll,pitch,yaw
画像:The quadcopter : control the orientationより引用

roll: x軸
pitch: y軸
yaw: z軸

また、オイラー角に関しては、こちらのサイトが参考になりそうです。
http://naochang.me/?p=53

この辺は実際に3Dモデル作って検証してみたいですね!

逆移動検知

とはなんぞや...と思ったら、フォーラムに回答がありました。

視線移動は、眼電位の変化分を見ておりまして、眼球運動の速度に比例した値から計測しております。
(速度が大きい、小さいというものを判定しております)
逆移動検知は、例えば、「まず右を見てから、その後そのまま左を見る」などの眼球運動のケースを想定した検知です。

とのこと。専門用語ではサッケード?というらしいですね。

サッケードについて参考になりそうなサイト:
http://www.megane-isshindo.jp/EyeMovement/Eyemovement.html

ということで

簡単なコピペ記事で大変恐縮ですが、とりあえずのイントロダクション的な記事でした。
2015年Advent Calendar2日目以降もこうご期待!