何も考えずMac上のGit diffでExcelの差分を見れるようにする

  • 54
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

エクセルをgit管理する際に困るのが、差分が見れない点。
本当はエクセル使いなくないけど、
誰でも使えて必要な機能が揃うエクセル最強説。
代替がなく辛い。

といことで、少しでも事故を減らしたり、
調査を素早くする第一歩として、
自分のMacだけでも差分を見れるようにしようという試みです。

手順

とにかく環境設定の手間を最小限にするため、
何も考えずグローバルに設定します。
一度設定すればリポジトリごとの設定等は不要です。

goをインストール

~$ brew install go

GOPATHの設定

パッケージをインストールするディレクトリを作成して設定

~$ mkdir .go
~/.bash_profile
export GOPATH=$HOME/.go
~$ source .bash_profile

goのパッケージ取得

~$ go get github.com/tokuhirom/git-xlsx-textconv

gitconfigの設定

グローバルのgitconfigに以下を追加

~/.gitconfig
[diff "xlsx"]
    binary = true
    textconv = $GOPATH/bin/git-xlsx-textconv

gitattributesの設定

.gitattributesを新規作成

~/.gitattributes
*.xlsx  diff=xlsx
*.XLSX  diff=xlsx

gitconfigに設定を追加

~$ git config --global core.attributesfile ~/.gitattributes

参考