enthumble キーカスタマイズ【基本編】

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

キーボード快適化ソフト | enthumble

http://jp.enthumble.com/
使用頻度の高いキー操作を手もとで行えるようにする、簡単設定のカスタマイズソフト
Windows用フリーソフト | インストール不要 | 商用利用可 | 有料版はキーカスタマイズ可能

キーカスタマイズ適用方法

有料版のみ、キーカスタマイズが可能です

iniファイル編集後、enthumbleを再起動するかModeを切り替えてください。

一発設定リロードボタン(無変換 + appsKey)も活用してください。
*appsKeyとは右ctrlやaltの隣にあるキーです。

キーカスタマイズ解説

キー設定ファイル(./KeyList./****.ini)の中身を解説します。

キー入力

Space={Enter}

イコール記号左側にキーボードのキー名を、イコール記号右側には代替入力したいキー名を記入します。この時、代替入力したいキー名を、ブランケット"{}"で挟んで記入します。上記設定では、無変換キー + Space で、Enterキーを入力します。enthumbleの文法は、Autohotkey を参考にしています。

直接入力

1=http://jp.enthumble.com/
m={+}hoge{#}

ブランケットなしで文字列を書くと、直接一度にタイプします。無変換 + 1 で、URLを入力しています。何度も入力するメールアドレス・URL・電話番号などを記憶させると便利です。特殊記号は、括弧で括れば入力できます。漢字等の入力には、応用編をご参照ください。

無入力

1=[]

ブランケットのみでは、なにも入力しません。無変換 + 1 で、なにも入力しません。

ctrl や shiftキーとの組み合わせ

b={shift down}{b}{shift up}
b=+{b}
c={ctrl down}{c}{ctrl up}
c=^{c}

Shiftキーと組み合わせたキー入力には、代替キーを{shift down}と{shift up}ではさみます。Ctrlキーを組み合わせをするには、{ctrl down}と{ctrl up}ではさみます。"+"や"^"でも同様に動作します。無変換 + b で、Shiftを押しながらBの動作、無変換 + c で、Ctrlを押しながらcを押す動作をします。

マウスクリック

A={RButton} ;mouse right click
B={MButton} ;mouse middle click
C={LButton} ;mouse left click
D={WheelDown}
E=^{WheelUp};拡大 zoom up
F=^{WheelDown} ;縮小 zoom down

マウスクリックをキーボードで代替できます。Ctrlキーとの組み合わせもOKです。

リンク

こちらもご参照ください。

Readme 【説明書】
キーカスタマイズ【基本編】★現在のページ
キーカスタマイズ【応用編】
キーカスタマイズ例 【開発者本人】
キーカスタマイズ例 【ユーザー投稿】

以上