try! Swift Tokyo 2017 ざっくりレポート (day1)

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

2017年3月2日と3日に開催された try!Swift Tokyo 2017 に参加してきましたので、ざっくりとレポートをまとめます。
両日とも半日のみの参加でしたので、全てのセッションは網羅していません。
特に興味を持ったセッションについては個別に取り上げていきたいと思います。

2017-03-02 (day 1)

まず1日目から。

Swift開発者が知りたかったけど聞きにくい機械学習のすべて

Alexis Gallagher さん

普通のプログムは 関数を定義する だったのが、機械学習(ML) は 人間の分析を加えて定義する に進化したものだそうです。
例えば人に関する何らかの平均値を出力する関数があったとして、MLの場合は性別や年齢に応じたアプトプットができるようになる、というお話でした。

Swift on Android

Eric Wing さん

Cross-Platform ゲームエンジニア 視点での、Swiftによる Androidアプリ開発という内容でした。
要約すると

  • Apple が公開している Getting Started with Swift on Android では、アプリを作れないからダメだ
  • C言語は最強
  • NDK は大変お粗末だ(具体的な解説多数あり)
  • CMake いいよ
  • IUP というマルチプラットフォームなUIライブラリがあるよ
  • Cross-Platform ゲームエンジンの BLURRR SDK いいよ

という内容でした。

SwiftのPointy Bits

Nate Cook さん

Swift は型安全な言語だけどバグによりクラッシュするよ、という内容(?)から始まり、Unsafe にメモリを直接割り当てて操作する 4つの API についての解説でした。
- UnsafePointer
- UnsafeMutablePointer
- UnsafeRawPointer
- UnsafeMutableRawPointer

これらは C言語のライブラリをインポートするときに利用することがあったり、処理を高速化する(安全性とのトレードオフ)ときに利用するとのことでした。

アプリを新次元に導く3D Touch

Meghan Kane さん

なぜ 3D Touchサポートするべきか?
- 使いたい機能に早く辿り着ける
- App Storeでとあげられる

3D Touch 概要
- 静的と動的が混在できる
- 最大4つまで
- iOS10 からは Peek&Pop に対応

ノウハウとして
- デバイスのサポート、設定のON/OFFをチェックすること
- 未サポートの場合Long Press で似たようなUIを提供できる(Peek&Pop)
- UIPreviewInteraction で圧力を取得できる

1日目のレポートは以上です。