【Git】git rm --cached [ファイル名]:ファイルを管理対象から除外する

  • 62
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

しばしば調べてる気がするのでメモ。
タイトル見ただけでほぼ分かるようにしてみた。

自分はたいてい、
ファイル名の camelcase を書き間違えたのに気付いてリネームした後、
git に誤認識されておかしくなったのを直すために使ってる気がする。。

ファイルを管理対象から除外する

$ git rm --cached [ファイル名]

--cached オプションを付けることにより、ファイルを残したまま管理対象から外すことができる。
--cached オプションつけないと、ファイルごと削除しちゃうので注意。

ファイルごと削除

$ git rm [ファイル名]

参考

参考にさせていただきました。今日も先人様に感謝。

以上