正直、別に何も変わらないんじゃないかって気はする

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント

残念ながら、あまり人の役に立ちそうなことは書けそうにないです。ポエムを通り越してもはやエッセイです・・・。

技術的なこと

Qiita だから、技術に関連したことを一応最初に書きます。

子供のために作ったアプリケーション

子供ができるまでは、なんかいろいろ作ってやろうと思っていたような気がしますが、実際に作ったのは以下の二つくらいです。

百ます計算

Excel(VBA) で作りました。
Excel で作ったのは、当然「ます」は作る必要がなくて(だってエクセルは方眼紙だから!)、ただ縦横に 0 〜 9 の数字を一つずつランダムに出力するだけでいいからです。

あと、どうでもいいけど、私個人は百ます計算否定派です。あれで身につくのは計算力じゃなくて小賢しいテクニックだけでしょう。

計算ドリル的なの

いわゆる計算ドリル的な、計算問題を羅列するプログラムを、これまた ExcelVBA で作りました。なぜまた Excel をチョイスしたかといいますと、印刷することを考えた時一番楽だと思ったからです。だってエクセルは方眼紙だから!(大事なことだから二回言いました)
一応これは、子供の成長に合わせてバージョンアップを何度かしてます。最初は足し算だけだったのが四則全てに対応するようになったり、桁数が増えたりとか。また、ただのランダムだと部分的に数字が偏ったりして同じ計算式が続くことがままあるので、そこは対応しました。

プログラミング教育?

子供向けロボットプログラミングの体験会に一度息子を連れて行きましたが、大して興味を示してくれませんでした。たぶんそれがこの分野でした最初で最後のアプローチだったはず。
ただ、今の子供は生まれた時から携帯電話や PC が目の前にあるのでデバイスに対する習熟そのものは早いです。息子も確かに 3, 4 歳くらいで携帯電話で一言二言くらいのメールならうてたはず。IoT なんかも何の違和感もなく受け入れていくのでしょう。

生活のこと

こればっかりは、家庭環境も職場環境も人によって違うからなぁ、というのが正直なところです。
私はこの業界の人間としては比較的平穏に過ごせてきた方だと思いますし、基本的に家族をほったらかして一人で遊びに行くようなことをほぼしないしできないので、家庭環境が職場環境に影響するようなこともその逆もあまりないんですよねぇ・・・。
まあ少なくとも、職場環境が悪くて家庭環境に影響が出るようなら、そんな職場やめたほうがいいとは思いますね。(子育て関係なくなってる・・・)

あと、中学受験を考えている人は要注意。志望校のレベルによっても違うのですが、小六時の週末はほぼなくなると考えてよいです。