1. Qiita
  2. 投稿
  3. Python

2016年東大数学をPythonで解く

  • 35
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

この記事は、Python Advent Calendar 2016 11日目の記事です。

ここでやること

去年のPython Adevent Calendarではセンター試験の数学ⅡBを扱いましたが、今年は東大数学(文系)を扱っていきます。

※ この記事で扱う問題は、河合塾(総合教育機関・予備校)/ 2016年度国公立大二次試験・私立大入試解答速報から引用しています。

環境

  • Python 3.5.0
  • Anaconda 3-2.4.0

Sympyの基本的な使い方

Sympyとは?

Pythonの記号計算ライブラリ
公式ドキュメント : http://www.sympy.org/en/index.html
日本語資料 : http://www.turbare.net/transl/scipy-lecture-notes/packages/sympy.html

Symbols - 変数定義

In [1]: from sympy import *
In [2]: x + 1
---------------------------------------------------------------------------
NameError                                 Traceback (most recent call last)
<ipython-input-2-4cf92658b648> in <module>()
----> 1 x + 1

NameError: name 'x' is not defined

In [3]: x = symbols('x')
In [4]: x + 1
Out[4]: x + 1

expand - 展開

In [5]: expand((x + 1)**2)
Out[5]: x**2 + 2*x + 1

factor - 因数分解

In [6]: factor(x**4 - 3*x**2 + 1)
Out[6]: (1 + x - x**2)*(1 - x - x**2)

simplify - 簡約

In [7]: simplify((x**3 + x**2 - x - 1)/(x**2 + 2*x + 1))
Out[7]: x - 1

limit - 極限

In [8]: limit(x, x, oo)
Out[8]: oo

diff - 微分

In [9]: diff(cos(x), x)
Out[9]: -sin(x)
In [10]: diff(x**3 + x**2 - x - 1, x)
Out[10]: 3*x**2 + 2*x - 1

integrate - 積分

In [11]: integrate(cos(x), x)
Out[11]: sin(x)
In [12]: integrate(x**3 + x**2 - x - 1, x)
Out[12]: x**4/4 + x**3/3 - x**2/2 - x

Matrix - 行列

In [13]: Matrix([[1, 2, 3], [-2, 0, 4]])
Out[13]:
Matrix([
[ 1, 2, 3],
[-2, 0, 4]])

solve - 式を解く

In [14]: solve(x**2 - 1, x)
Out[14]: [-1, 1]

第1問

1.gif

  • 変数xyはSymbolsを用いて変数定義
  • 各座標PQRをMatrixを用いてベクトルに落とし込む
In [1]: import sympy as sy
In [2]: x, y = sy.symbols('x y')
In [3]: P = sy.Matrix([x, y])
In [4]: Q = sy.Matrix([-x, -y])
In [5]: R = sy.Matrix([1, 0])
In [6]: sy.simplify((Q - P).dot(R - P) > 0)
Out[6]: 2*x*(x - 1) + 2*y**2 > 0
In [7]: sy.simplify((P - Q).dot(R - Q) > 0)
Out[7]: 2*x*(x + 1) + 2*y**2 > 0
In [8]: sy.simplify((P - R).dot(Q - R) > 0)
Out[8]: -x**2 - y**2 + 1 > 0
  • ここから得られた3つの式を、円の条件として見やすいようにリファクタリング
2x(x-1)+2y^2 > 0 <=> (x-\frac{1}{2})^2+y^2 > \frac{1}{4}
2x(x+1)+2y^2 > 0 <=> (x+\frac{1}{2})^2+y^2 > \frac{1}{4}
-x^2 - y^2 + 1 > 0 <=> x^2+y^2 < 1
  • この条件を満たすグラフを描画
In [9]: import matplotlib.pyplot as plt 
In [10]: fig = plt.figure()
In [11]: ax = plt.gca()
In [12]: ax.add_patch(plt.Circle((0,0),1,fc="#770000"))
Out[12]: <matplotlib.patches.Circle at 0x109689518>
In [13]: ax.add_patch(plt.Circle((0.5,0),0.5, fc="#FFFFFF"))
Out[13]: <matplotlib.patches.Circle at 0x109689f28>
In [14]: ax.add_patch(plt.Circle((-0.5,0),0.5, fc="#FFFFFF"))
Out[14]: <matplotlib.patches.Circle at 0x109696710>
  • X軸とY軸のアスペクト比を揃える
  • 軸の上限・下限を設定
In [15]: ax.set_aspect('equal')
In [16]: plt.xlim([2, 2])
Out[16]: (-2, 2)
In [17]: plt.ylim([-2, 2])
Out[17]: (-2, 2)
  • 解答となるグラフを描画
In [18]: plt.show()

figure_1.png

解答: 点P(x, y)の範囲はグラフの赤色部分である

参考書籍

Pythonからはじめる数学入門

今回紹介したSympyやmatplotlibについても紹介されてます。
数学プログラミングの取っ掛かりにおすすめです。

さいごに

こんな感じでSympyを使うことで大学入試レベルだと簡単に解くことができます。
東大数学がこんな易しいレベルでいいのかという危惧もありますが...

ここでは第1問のみ扱いましたが、興味がある方はぜひ他の数学の問題もPythonで解いてみてください!