Rust入門 #0 Macで開発環境構築 (2017/1/9時点)

  • 10
    いいね
  • 2
    コメント

※1/9に以下の対応を追加。

  • メソッドジャンプをする対応方法をrustyを使う方法に変更。
  • cargo-editをインストールする方法を追記。

皆様、あけましておめでとうございます。
2017年、よろしくお願い致します。

今年の一発目のブログはRustの開発環境構築です。
Rust自体は前職の方からも名前だけは聞いていたのですが、以下のちょっとしたきっかけで入門してみようと思いました。

  • 社内のIoTチャレンジ部で、ラズベリーパイで遊んでいた時に、省メモリでかつ関数型っぽく記述できると話題に上がったこと。
  • 書評レビューア募集で、Android開発の書籍を頂いたけど、 そのサンプルを新しい言語で動かしてみたいなと思ってみたこと。
  • 王様達のバイキングの11巻で、ValkyrjaというクラッカーがScalaやRustでプログラム書いていたという話が出てきたこと。(←これが一番の理由w)

また、2017/1/2時点でIntelliJのRustプラグインを用いても、メソッドのコード補完などもできないため、コード補完プラグインが存在するatomを用いることとします。

Macのスペック

  • マシン: MacBookPro (Retina,15-inch, Mid 2015)
  • OS: OS X EI Capitan 10.11.6
  • プロセッサ: 2.2 GHz Intel Core i7
  • メモリ: 16GB 1600 MHz DDR3

atom

  • バージョン 1.12.7
  • 日本語化対応済み

1.Rustをインストール。選択肢では、1を選択。

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh
This path will then be added to your PATH environment variable by modifying the
profile file located at:

  /Users/ユーザ名/.profile

You can uninstall at any time with rustup self uninstall and these changes will
be reverted.

Current installation options:

   default host triple: x86_64-apple-darwin
     default toolchain: stable
  modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation

2.今回の手順では、.bashrcにPATHの記載を追加していく。
ただし、Mac OS Xのデフォルトでは、HOMEに.bashrcを作成してもターミナル起動時に自動で読み込むようにはなっていないようなので、自動で読み込むように.bash_profileに以下の記述を追加。

atom ~/.bash_profile
if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

3.RustのパッケージマネージャーであるCargoのパスを通すために、~/.bashrcファイルに設定を追加。

atom ~/.bashrc
#Rust 
export PATH="$HOME/.cargo/bin:$PATH"

4.bashrcの設定を反映する。

source ~/.bashrc

5.rustc、cargo、rustupがインストールされたことを確認。

rustc --version
rustc 1.14.0 (e8a012324 2016-12-16)

cargo --version
cargo 0.15.0-nightly (298a012 2016-12-20)

rustup --version
rustup 1.0.0 (17b6d21 2016-12-15)

6.補完に必要なパッケージをインストールする。

cargo install racer

7.cargo .tomlを操作するのに便利なパッケージをインストールする。

cargo install cargo-edit

8.atomにRust用のプラグインとして、下記をインストールする。
※atom自体のインストールは省略。

apm install language-rust
apm install racer
apm install linter
apm install linter-rust
apm install atom-ctags
apm install script

9.racerというRustのコード補完を行うプラグインで必要なため、Rustのソースコードを落とす。

rustup component add rust-src

10.atomを起動し、環境設定>Packagesで、racerの設定を開く。

11.下記の設定項目を入力する。※フルパスでないと動作しなかった。

Path to the Racer executable

/Users/ユーザ名/.cargo/bin/racer

Path to the Rust source code directory

/Users/ユーザ名/.rustup/toolchains/stable-x86_64-apple-darwin/lib/rustlib/src/rust/src

12.メソッドジャンプを可能にするためにrusty-tagsを使用する。

12-1.ctagsをインストール。

brew tap universal-ctags/universal-ctags
brew install --HEAD universal-ctags

12-2.rusty-tagsをインストール。

cargo install rusty-tags

13.パッケージ管理を容易にできるcargo-editをインストール。

cargo install cargo-edit

14.動作確認として、プロジェクト作成する。

cargo new hello_world --bin

15.Rustのコードを実行。

15-1.コマンドライン

cd hello_world/
cargo run #Cargo.tomlのあるディレクトリで実行

15-2.atom
atomでファイルを開いている状態で、scriptプラグインのショートカット(Command+i)で実行する。

これでRustの開発環境構築ができて、書き始められるはず!

今回、参考にさせて頂いた公式チュートリアル/ブログ。

  • この記事は以下の記事からリンクされています
  • rust testからリンク