Bitnamiを使わずにWindowsへRedmineをインストールする

  • 10
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Windows環境へのRedmineインストールはBitnamiが一般的で、Linuxのように個別にミドルウェアとかをインストールする手順はあまり見かけない。
理由は、おそらくLinuxのインストール手順使われているAPサーバのPassengerがWindowsにインストールできないからだと思ってる。

色々探すと、Passengerではなく、thinをAPサーバに使っている例がある。ただ、ちょっと古かったりするので、現時点での方法を書いておく。

Rubyインストール

  • Ruby installer for Windowsを使ってインストール
  • 合わせて、RubyのDevelopment Kitもインストール

MySQLインストール

  • MySQLのWindows版をインストーラーからインストール
  • Setup typeをServer onlyにするのが最小限?
  • 同時にユーザも管理者として作っておく

Redmineインストール

  • Redmineのtarボールなりzipをダウンロードして解凍
  • config/database.ymlを以下のように記述
database.yml
  production:
    adapter: mysql2
    database: redmine
    host: localhost
    username: redmine
    password: Password1
    encoding: utf8
  • MySQL Command Line ClientでredmineとしてDBを作成
  • ここから、Rubyコマンドプロンプトを管理者として実行

    • Proxy環境の場合、まずはProxyをセット
    > set http_proxy=http://proxyID:proxyPASS@ProxyURL:ProxyPort/
    > set https_proxy=http://proxyID:proxyPASS@ProxyURL:ProxyPort/
    
    • bundlerをインストール
    > gem install bundler
    
    • thinをインストールするため、Gemfile.localを作成、thinをWindowsサービス化するためのthin_serviceも追加
    Gemfile.local
    gem "thin"
    gem "thin_service"
    
    • bundle installを実行
    > bundle install --without development test # 32bitの場合
    > bundle install --without development test rmagick # 64bitの場合
    
    • rakeでDBとかの初期セットアップ
    > rake generate_secret_token
    > set RAILS_ENV=production
    > rake db:migrate
    > rake redmine:load_default_data
    
    • 一旦、動作確認
    > bundle exec rails server webrick -e production
    
    • 問題なければ、一旦止めて、Windowsサービスとして登録
    > thin_service install -N "Redmine" -c "C:\redmine" -p 3000 -e production
    
    • Windowsの管理ツールから サービス を選択し、 Redmine のプロパティを開いて、スタートアップの種類を 自動 に変更