GoogleMapAPIの商用利用

  • 95
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ざっくりと無償版と有償版の説明

無償版

無償版でも利用規約に反しない範囲で商用利用は可能です。
参考:Google Maps APIとGoogle Maps API Premier(有償版)の違いについて

1.いつでも、誰でも、どこからでも、同じコンテンツが利用できるようになっていること

2.Google Maps API(無償版)を利用して直接的な収益をあげるような商用利用は行わないこと

具体的には
 ×社内でのみ利用する場合
 ×有償会員サイトで利用する場合
 ○無償会員制サイト
 ×ある製品、サービスを購入しないと利用できない場合
 (もしくは製品サービスを購入しないと利用勝手が異なる)
 ○広告収入で収益をえているサイト
 ×販売するソフトウェアへの組み込み
 ×商用SaaS/ASPサービス

また、無償版には使用制限があります。(後述)
90日連続で使用制限を超えた場合、課金されます。(1000回あたり0.5ドル)
あと、HTTPSアクセスもできないようです。

有償版

有償版のサービス名は「Google Maps for Busines(旧Google Maps API Premier)」です。
ライセンスは4つのプランがあります。
Google Maps API for Business の価格体系|株式会社ゼンリンデータコム

  • 完全公開サイトプラン:一般公開されているサイトでのご利用
  • 非公開サイトプラン:非公開サイト・社内イントラシステムでのご利用
  • トラッキングサイトプラン:移動体を管理するシステムでのご利用(GPSと連動)
  • デベロッパーキット:開発・検証時のご利用

価格はオープンになっていない模様。

無償版と有償版の比較表

公式のキャプチャです。Google Maps API のライセンス - Google Maps API — Google Developersを直接見たほうが見やすいです。

キャプチャ1.PNG
キャプチャ2.PNG
キャプチャ3.PNG

国内の販売代理店

Google エンタープライズ 販売 / ソリューションパートナー情報から抜粋。

  • Google Maps API Premier 販売代理店:応用技術株式会社、株式会社ゴーガ、国際航業株式会社、ゼンリンデータコム

  • Google Enterprise Partner Google Maps API Premier ソリューションパートナー:CTC、オージス総研、応用技術株式会社、株式会社ゴーガ、国際航業株式会社、ゼンリンデータコム等

用語調べ

  • Static Maps API:地図を画像として取得
  • Geocoding API:住所から緯度・経度の地理座標を取得する(逆に座標から住所も取得可能)
  • Directions API: 2 地点間のルート計算(交通機関、運転、徒歩、自転車といったいくつかの交通手段について検索)
  • Distance Matrix API:出発地と目的地の行列から、移動距離とその所要時間を計算
  • Elevation API:地球上のすべての場所の高度データと、海底までの水深データ(マイナス値)を提供。

参考URL

Google Maps API のライセンス - Google Maps API — Google Developers
Google Maps API
Google Maps for Business
Google Maps API for Business|株式会社ゼンリンデータコム