1. Qiita
  2. 投稿
  3. 失敗談

結局アレはどうなった? 「はきだめ」もとい「Setsuna」プロジェクト

  • 3
    いいね
  • 2
    コメント

まえがき

あー、なんてこった。
今諸事情で家を追い出されて、手持ちのラップトップでヒマジンマンガの更新しようと思って、2回OSごとぶっ飛んだ7年選手のラップトップにTinkererをインストールしようとしたら、以下みたいなエラー吐いて更新できない!

*********************************************************************************
    Could not find function xmlCheckVersion in library libxml2. Is libxml2 installed?
    *********************************************************************************
    error: command 'x86_64-linux-gnu-gcc' failed with exit status 1

    ----------------------------------------
Command "/home/manzyun/tinkerer/bin/python3.5 -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/tmp/pip-build-t5fjdibj/lxml/setup.py';f=getattr(tokenize, 'open', open)(__file__);code=f.read().replace('\r\n', '\n');f.close();exec(compile(code, __file__, 'exec'))" install --record /tmp/pip-z22hg___-record/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile --install-headers /home/username/tinkerer/include/site/python3.5/lxml" failed with error code 1 in /tmp/pip-build-t5fjdibj/lxml/

でも時間は迫ってる。
仕方ない。Qiitaに掲載されているAdventCalenderだから、ここに書こう。

本題

その前にSetsunaとは

manzyun/Setsuna: Micro SNS or BBS, maybe.

一言で説明するとだ、
「投稿に寿命のついた匿名掲示板」
ってことだ。「刹那」に由来する。

仕様

  • 投稿します
  • 通常6時間後にDBからも抹消されます。魚拓でも取らない限り残らない。
  • しかしレスポンス(「共感ボタン」を押される、返信される)が来ると記事の寿命が1時間伸びる
  • パスワードを控えておけば、手動で消せる

それだけのくっだらない。だけども僕はとっても欲しかったSNS(?)

追加要素として以下もあった。

  • 投稿画面で一定時間入力がなかったら全消し
  • 時間制限付き(時間が来たら自動投稿)

Setsunaはできたのか

多分、できてる。サーバーサイドだけ。
クライアントサイドはJSONをもりもりやってくれるようなことを考えていたが、僕にはそんなJavaScript能力は今もなく、片手間にちょちょいとできそうなシステムの割には、サーバーサイドの構築で2年ほどかかってる。

なぜかかったか。

Webフレームワークの選定

まず筆者はこれを始める当初、Webフレームワークというものの存在を知らなかった。
いや、おぼろげには知っていたが、やっぱりド定番のdjangoか、ちょっと個性的にPyramidが候補として上がって、自分は後者を選んだ。そして、
「おー、なんかプロジェクト出来上がったけど、この後どうやっていじったら良いのかわっかんねー」
となって1ヶ月位パソコンの前で頭を抱えるような感じになった。
そのあたりの詳しい話はこちらも参照。

ちょっと裏話をするとだ、この時相当テンパってて、なんでかもっと低レイヤーのWerkzeug とかに手を出してもっとわけわかんなくなってたわけよ。

サーバー公開どうするの?

フロント出来上がってないんだから公開のしようがないだろ。

いや、正直フロントエンド作るためのWebフォームとかのデザイン案が思い浮かばないんですorz

いや、その前にだ、深刻な問題がある。

Pythonを動かせるサーバーなんて、VPSとか借りるしかない

正直最近ようやくフリーターになれたような自分の財政状況では、VPSを借りるのも結構躊躇する値段である。
「月500円くらいのスペックで間に合うのだろうか。逆に月500円ほど払う価値のあるサービスなのかこれ?」
とさえ思って未だに公開していない。

※現に、今(2016/12/14)金欠過ぎてVPS代が支払えず、個人サイトのヒマジンマンガは落ちてる。

となると、マネタイズだよね

何も考えてない。

「マネタイズ何とかするよ(笑)」
と気さくに言ってくれた知人も、最近は多忙すぎて胃に穴が開いて、手術したくらいである。

いや、じゃあ俺が考えるしかないのだろうけど、
あとフロントエンド作れれば、本当に単純なJSONを送っては返してというアプリなんですよねえ../../

あとがき

とまあ、このプロジェクトはいつの間にかGithubの僕のアカウントの奥底で何も更新されずにじっとしています。
お暇な人はコードをcloneしてサービス立ち上げてしまって構いませんぜ。

ドキュメントなんてないけどな!!

manzyun/Setsuna: Micro SNS or BBS, maybe.

P.S.
クソアプリ完成させてないどころか、クソ記事生成してしまったので、問題あればQiita運営さんに報告してください。