SublimeText 3の基本設定

  • 258
    いいね
  • 0
    コメント

設定一覧

Preferences.sublime-settingsファイルに記述する設定項目の一覧です。
デフォルトの設定ファイルに記載されている順に掲載しています。

テキスト領域の設定

フォントの種類や配色等テキストの表示に関することや、インデントやオートコンプリートの設定等、テキストの編集に関わる設定全般です。

color_scheme

// Sets the colors used within the text area
"color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Monokai.tmTheme",

テキスト領域の配色を設定します。
メニューのカラースキーマ(Color Scheme)から設定を変更すると、ユーザー設定ファイルに反映されます。

font_face, font_size

// Note that the font_face and font_size are overridden in the platform
// specific settings file, for example, "Preferences (Linux).sublime-settings".
// Because of this, setting them here will have no effect: you must set them
// in your User File Preferences.
"font_face": "",
"font_size": 10,

エディタで使用するフォントの名前とサイズを設定します。

font_sizeの値は、メニューのフォント(Font)やキーボードショートカットから変更でき、ユーザー設定ファイルに即座に反映されます。

font_facefont_sizeは、プラットフォーム固有の設定ファイルで上書きされます。(例:Preferences(Linix).sublime-build)

font_options

// Valid options are "no_bold", "no_italic", "no_antialias", "gray_antialias",
// "subpixel_antialias", "no_round" (OS X only), "gdi" (Windows only) and
// "directwrite" (Windows only)
"font_options": [],

フォントレンダリングに関する設定をします。

no_bold, no_italic
太字、斜体を無効化します。

no_antialias or gray_antialias or subpixel_antialias
アンチエイリアスの有無と種類を設定します。
directwriteを指定すると、no_antialias以外の値は設定しても無視されます。1

no_round(OS X専用)
OS Xでのテキストの配置が、TextEditやSafari等の標準的なCore Text出力と一致するように変更されました。
アンチエイリアスフォントでフォントサイズが小さい時に、グリフ位置をピクセル境界に丸めますが、no_roundを指定するとアンチエイリアスフォントのレンダリングが変更され、以前のグリフ位置をピクセル境界で丸めない動作に変更されます。

gdi or directwrite(Windows専用でデフォルトはGDI)
フォントレンダラにGDIかDirectWriteのどちらを使用するかを設定します。

word_separators

// Characters that are considered to separate words
"word_separators": "./\\()\"'-:,.;<>~!@#$%^&*|+=[]{}`~?",

単語単位選択時などに、単語の区切りとみなす文字を指定する。

line_numbers

// Set to false to prevent line numbers being drawn in the gutter
"line_numbers": true,

ガーターに行番号を表示するかを設定します。
"gutter": trueに設定する必要があります。

gutter

// Set to false to hide the gutter altogether
"gutter": true,

ガーターを表示するかを設定します。
テキストエリアの左側にある、行番号や折り畳みボタンが表示されてるエリアの事です。

margin

// Spacing between the gutter and the text
"margin": 4,

ガーターとテキストエリアの間の余白の幅を設定します。

fold_buttons

// Fold buttons are the triangles shown in the gutter to fold regions of text
"fold_buttons": true,

ガーターにブロック間のテキストを折りたたむ事ができる三角のボタンを表示します。

fold_buttons

"gutter", trueに設定する必要があります。

fade_fold_buttons

// Hides the fold buttons unless the mouse is over the gutter
"fade_fold_buttons": true,

マウスカーソルがガーター上に無い時も、折りたたみボタンを表示するかを設定します。
trueの場合はガーターにマウスカーソルがある時のみ表示され、
falseの場合は マウスカーソルの位置に関係なく常に表示されます。

rulers

// Columns in which to display vertical rulers
"rulers": [],

垂直ルーラを表示する位置を設定します。
"rulers": [80, 120]のように複数の列を指定することも出来ます。

メニューのルーラ(Ruler)から一時的に設定を変更することが出来ます。

spell_check

// Set to true to turn spell checking on by default
"spell_check": false,

ファイルを開いた時に、デフォルトでスペルチェックをオンにするかを設定します。

スペルチェックが有効の時はスペルミスのある箇所に波線が引かれ、ステータスバーにスペルミスの数が表示されます。

メニューのスペルチェックをトグル(Spell Check)F6キー切り替えが可能です。

tab_size

// The number of spaces a tab is considered equal to
"tab_size": 4,

インデント幅のデフォルト値を設定します。

メニューのインデント設定(Indentation)で変更可能です。

translate_tabs_to_spaces

// Set to true to insert spaces when tab is pressed
"translate_tabs_to_spaces": false,

trueの場合、Tabキーでタブの代わりにスペースを挿入します。

メニューのインデント設定(Indentation) > スペースを使用(Indent Using Spaces)で一時的に変更可能です。

use_tab_stops

// If translate_tabs_to_spaces is true, use_tab_stops will make tab and
// backspace insert/delete up to the next tabstop
"use_tab_stops": true,

インデントに使われているスペースの削除方法を設定します。
trueの場合、Back Spaceキーで次のタブストップまでスペースを削除し、
falseの場合はスペースを1つ削除します。

"translate_tabs_to_spaces": trueの時に有効です。

tab_stops

detect_indentation

// Set to false to disable detection of tabs vs. spaces on load
"detect_indentation": true,

ファイルの読み込み時にインデントにタブとスペースのどちらが使われてるかを判定し、そのファイルにあわせた適切な設定に変更します。

auto_indent

// Calculates indentation automatically when pressing enter
"auto_indent": true,

オートインデントの有無を設定します。
改行時に自動的にインデントが行われます。

smart_indent

// Makes auto indent a little smarter, e.g., by indenting the next line
// after an if statement in C. Requires auto_indent to be enabled.
"smart_indent": true,

スマートインデントの有無を設定します。
例えば、C言語でif ()の後に改行を行なうと次の行がインデントされるなど、オートインデントが少し便利になります。

"auto_indent": trueに設定する必要があります。

indent_to_bracket

// Adds whitespace up to the first open bracket when indenting. Requires
// auto_indent to be enabled.
"indent_to_bracket": false,

trueにすると、インデントを行なう時に(の位置まで空白を追加します。

function(int var1,
         int var2,
         int var3,
         int var4);

"auto_indent": trueに設定する必要があります。

trim_automatic_white_space

// Trims white space added by auto_indent when moving the caret off the
// line.
"trim_automatic_white_space": true,

改行で次の行に移動する時、空行だった場合は、オートインデントによって追加されていた空白を削除します。

word_wrap

// Disables horizontal scrolling if enabled.
// May be set to true, false, or "auto", where it will be disabled for
// source code, and otherwise enabled.
"word_wrap": "auto",

テキストの折り返しを行なうかを設定します。
有効時は水平スクロールが無効になります。

autoの時は、ソースコードなら折り返しが無効になり、そうでない場合は有効になります。

wrap_width

// Set to a value other than 0 to force wrapping at that column rather than the
// window width
"wrap_width": 0,

テキストの折り返しが有効の時に折り返し位置を設定します。
設定値が0の時はウィンドウ幅にあわせて折り返しを行います。

メニューの折り返し幅(Word Wrap Column)で一時的に設定を変更できます。

indent_subsequent_lines

// Set to false to prevent word wrapped lines from being indented to the same
// level
"indent_subsequent_lines": true,

折り返しされた行をインデント位置を揃えて表示するか、行頭から表示するかを設定します。

indent_subsequent_lines

draw_centered

// Draws text centered in the window rather than left aligned
"draw_centered": false,

テキストを左揃えではなく、ウィンドウの中央にセンタリングするかを設定します。

draw_centered

auto_match_enabled

// Controls auto pairing of quotes, brackets etc
"auto_match_enabled": true,

括弧や引用符を入力した時に、対となる文字を自動補完するかを設定します。

dictionary

// Word list to use for spell checking
"dictionary": "Packages/Language - English/en_US.dic",

スペルチェックに使用する単語リストを設定します。

メニューのスペルチェック辞書(Dictionary)で設定を変更すると、ユーザー設定ファイルにも反映されます。

draw_minimap_border

// Set to true to draw a border around the visible rectangle on the minimap.
// The color of the border will be determined by the "minimapBorder" key in
// the color scheme
"draw_minimap_border": false,

ミニマップが示す可視領域の周りに境界線を描画するかを設定します。
境界線の色はカラースキーマのminimapBorderキーによって決定されます。

always_show_minimap_viewport

// Always visualise the viewport on the minimap, as opposed to only
// showing it on mouse over
"always_show_minimap_viewport": false,

ミニマップの可視領域をマウスカーソルをあわせた時のみ表示するか、常時表示するかを設定します。

highlight_line

// If enabled, will highlight any line with a caret
"highlight_line": false,

カーソルのある位置を強調表示するかを設定します。

caret_style

// Valid values are "smooth", "phase", "blink" and "solid".
"caret_style": "smooth",

カーソルの表示方法を設定する。

smooth : phaseblinkをあわせたような感じで表示する
phase : カーソルをフェードイン・アウトさせながら表示する
blink : カーソルを点滅させる
solid : カーソルの点滅を止める

caret_extra_top, caret_extra_bottom, caret_extra_width

// These settings control the size of the caret
"caret_extra_top": 0,
"caret_extra_bottom": 0,
"caret_extra_width": 0,

カーソルを0から10の範囲で上下に大きくしたり、幅を広くすることが出来ます。

caret_extra

match_brackets

// Set to false to disable underlining the brackets surrounding the caret
"match_brackets": true,

カーソルを囲む括弧をアンダーラインで強調表示するかを設定します。

match_brackets_content

// Set to false if you'd rather only highlight the brackets when the caret is
// next to one
"match_brackets_content": true,

カーソルを囲む括弧が所属する1段上の括弧もアンダーラインで強調表示するかを設定します。

match_brackets_content

match_brackets_square

// Set to false to not highlight square brackets. This only takes effect if
// match_brackets is true
"match_brackets_square": true,

"match_brackets": trueの時に、角括弧 [] を強調表示したくない場合はfalse設定します。

match_brackets_braces

// Set to false to not highlight curly brackets. This only takes effect if
// match_brackets is true
"match_brackets_braces": true,

"match_brackets": trueの時に、波括弧 {}を強調表示したくない場合はfalse設定します。

match_brackets_angle

// Set to false to not highlight angle brackets. This only takes effect if
// match_brackets is true
"match_brackets_angle": false,

"match_brackets": trueの時に、山括弧 <> を強調表示したくない場合はfalse設定します。

match_tags

// Enable visualization of the matching tag in HTML and XML
"match_tags": true,

HTMLとXMLでマッチするタグを可視化するかを設定します。

match_selection

// Highlights other occurrences of the currently selected text
"match_selection": true,

現在選択されているテキストと同じ内容の箇所を枠線で強調表示するかを設定します。

line_padding_top

// Additional spacing at the top of each line, in pixels
"line_padding_top": 0,

各行の上側にピクセル単位で行間を追加します。

line_padding_bottom

// Additional spacing at the bottom of each line, in pixels
"line_padding_bottom": 0,

各行の下側にピクセル単位で行間を追加します。

scroll_past_end

// Set to false to disable scrolling past the end of the buffer.
// On OS X, this value is overridden in the platform specific settings, so
// you'll need to place this line in your user settings to override it.
"scroll_past_end": true,

ファイルの末尾を超えてスクロールするかを設定します。
trueの時は末尾が一番上に来るまでスクロールし、falseの時は末尾に来た時点でスクロールしなくなります。

OS Xでは、この値はプラットフォーム固有の設定で上書きされます。

scroll_past_end

move_to_limit_on_up_down

// This controls what happens when pressing up or down when on the first
// or last line.
// On OS X, this value is overridden in the platform specific settings, so
// you'll need to place this line in your user settings to override it.
"move_to_limit_on_up_down": false,

カーソルが最初の行にある状態で上を押す、または最後の行にある状態で下を押した時に、カーソルの位置を列の先頭または末尾まで移動させるかを設定します。

OS Xでは、この値はプラットフォーム固有の設定で上書きされます。

draw_white_space

// Set to "none" to turn off drawing white space, "selection" to draw only the
// white space within the selection, and "all" to draw all white space
"draw_white_space": "selection",

空白を視覚化するかを設定します。
有効にするとタブは中央にタブ幅の横線、スペース 2は中央に点が表示されます。

none : 描画しない
selection : 選択範囲のみ描画
all : 常に描画

draw_indent_guides

// Set to false to turn off the indentation guides.
// The color and width of the indent guides may be customized by editing
// the corresponding .tmTheme file, and specifying the colors "guide",
// "activeGuide" and "stackGuide"
"draw_indent_guides": true,

インデントガイドを表示するかを設定します。
trueの場合、インデントの間に点線を描画します。

インデントガイドの色と幅は.tmThemeファイルにの以下のキーにて指定されています。

  • guide : 通常のインデント
  • activeGuide : カーソルのあるインデント
  • stackGuide : activeGuideの親にあたるインデント

indent_guide_options

// Controls how the indent guides are drawn, valid options are
// "draw_normal" and "draw_active". draw_active will draw the indent
// guides containing the caret in a different color.
"indent_guide_options": ["draw_normal"],

インデントガイドの描画方法を制御します。

draw_noraml : インデントガイドが必要な箇所を全て描画
draw_active : カーソル位置のインデントとその親要素を別の色で区別して描画

indent_guide_options

trim_trailing_white_space_on_save

// Set to true to removing trailing white space on save
"trim_trailing_white_space_on_save": false,

保存時に行末の余計な空白文字を全て取り除くかを設定します。3

ensure_newline_at_eof_on_save

// Set to true to ensure the last line of the file ends in a newline
// character when saving
"ensure_newline_at_eof_on_save": false,

保存時にファイルの最後の行が改行文字で終わるようにするかを設定します。
改行以外の文字が含まれている場合は改行のみの行を追加します。

save_on_focus_lost

// Set to true to automatically save files when switching to a different file
// or application
"save_on_focus_lost": false,

別のファイルまたはアプリケーションに切り替える時にファイルを自動保存するかを設定します。

atomic_save

// Save via writing to an alternate file, and then renaming it over the
// original file.
"atomic_save": false,

ファイルの保存方法を設定します。

trueの時は代替ファイルに一旦保存したのち元のファイルに名前を変更し、falseの時は元のファイルにそのまま上書き保存します。

fallback_encoding

// The encoding to use when the encoding can't be determined automatically.
// ASCII, UTF-8 and UTF-16 encodings will be automatically detected.
"fallback_encoding": "Western (Windows 1252)",

エンコードを自動的に判別出来ない時に、かわりに使用するエンコーディングを指定します。 4

ASCII、UTF-8およびUTF-16が自動的に検出されます。

default_encoding

// Encoding used when saving new files, and files opened with an undefined
// encoding (e.g., plain ascii files). If a file is opened with a specific
// encoding (either detected or given explicitly), this setting will be
// ignored, and the file will be saved with the encoding it was opened
// with.
"default_encoding": "UTF-8",

新しいファイルおよび未定義なエンコーディングで開かれたファイル(プレーンなASCIIファイル等)を保存する際に使用するエンコーディングを指定します。

ファイルが特定のエンコーディング(自動検出または明示的に指定)で開かれている場合、この設定は無視され開かれた時と同じエンコーディングで保存されます。

enable_hexadecimal_encoding

// Files containing null bytes are opened as hexadecimal by default
"enable_hexadecimal_encoding": true,

nullバイト(バイナリ)を含むファイルを16進数表記で開くかを設定します。

enable_hexadecimal_encoding

default_line_ending

// Determines what character(s) are used to terminate each line in new files.
// Valid values are 'system' (whatever the OS uses), 'windows' (CRLF) and
// 'unix' (LF only).
"default_line_ending": "system",

新規ファイルで使用される改行文字を指定します。

system : システムの既定(OSが使用するもの)
windows : CRLF
unix : LF

メニューの表示(View) > 改行コード(Line Endings)で改行コードの確認変更ができる他、
"show_line_endings": trueの時はステータスバーからも確認変更が出来るようになります。

show_definitions

    // When enabled, hovering over a word will show a popup listing all
    // possible locations for the definition symbol. Requires index_files.
    "show_definitions": true,

単語の上にカーソルを置いた時に定義シンボルの場所を一覧表示するポップアップを表示するかを設定します。
index_filesが必要です。

tab_completion

// When enabled, pressing tab will insert the best matching completion.
// When disabled, tab will only trigger snippets or insert a tab.
// Shift+tab can be used to insert an explicit tab when tab_completion is
// enabled.
"tab_completion": true,

タブを入力した時に、入力途中の文字に一致する単語を探し出し補完を行います。
true時はタブを押すことでfi から filefieldfinderといった感じで次々と候補を切り替えることができ、明示的にタブを挿入したい時は[Shift + TAB]を代わりに使用します。
falseの時はスニペットがトリガーされるか、タブが挿入されます。

この設定はauto_completeとは無関係に使用することができます。

auto_complete

// Enable auto complete to be triggered automatically when typing.
"auto_complete": true,

オートコンプリートを有効にするかを設定します。
単語の補完候補のリストが表示されるようになります。

auto_complete_size_limit

// The maximum file size where auto complete will be automatically triggered.
"auto_complete_size_limit": 4194304,

オートコンプリートが自動的にトリガーされるファルサイズの上限値を設定します。

auto_complete_delay

// The delay, in ms, before the auto complete window is shown after typing
"auto_complete_delay": 50,

入力後にオートコンプリートウィンドウが表示されるまでの遅延時間(ミリ秒)

auto_complete_selector

// Controls what scopes auto complete will be triggered in
"auto_complete_selector": "meta.tag - punctuation.definition.tag.begin, source - comment - string.quoted.double.block - string.quoted.single.block - string.unquoted.heredoc",

オートコンプリートがトリガーされるスコープの範囲を制御します。

auto_complete_triggers

// Additional situations to trigger auto complete
"auto_complete_triggers": [ {"selector": "text.html", "characters": "<"} ],

オートコンプリートがトリガーされるその他の状況を設定します。

auto_complete_commit_on_tab

// By default, auto complete will commit the current completion on enter.
// This setting can be used to make it complete on tab instead.
// Completing on tab is generally a superior option, as it removes
// ambiguity between committing the completion and inserting a newline.
"auto_complete_commit_on_tab": false,

デフォルトでは入力時にENTERを押すことでオートコンプリートを確定します。
この設定を使用することで代わりにTABを使って確定を行なうことが出来るようになります。

タブでの確定は補完を行なう事と改行を挿入する間の曖昧さを無くすので、一般的には優れた選択肢です。

auto_complete_with_fields

// Controls if auto complete is shown when snippet fields are active.
// Only relevant if auto_complete_commit_on_tab is true.
"auto_complete_with_fields": false,

スニペットフィールドがアクティブな時にオートコンプリートが表示されるかどうかを制御します。
auto_complete_commit_on_tab: "true"の場合のみ関連します。

auto_complete_cycle

// Controls what happens when pressing the up key while the first item in
// the auto complete window is selected: if false, the window is hidden,
// otherwise the last item in the window is selected. Likewise for the
// down key when the last item is selected.
"auto_complete_cycle": false,

オートコンプリートウィンドウの最初の項目が選択されている時にキー、または最後の項目が選択されている時に[↓]キーを押した時の動作を制御します。
falseの場合はウィンドウは非表示になり、trueの場合は、最後または最初の項目が選択されます。

auto_close_tags

// Automatically close HTML and XML tags when </ is entered.
"auto_close_tags": true,

</を入力した時にHTMLとXMLのタグを自動的に閉じるように設定します。

例えば<h1></と入力するとh>が自動補完されて<h1></h1>となります。

shift_tab_unindent

// By default, shift+tab will only unindent if the selection spans
// multiple lines. When pressing shift+tab at other times, it'll insert a
// tab character - this allows tabs to be inserted when tab_completion is
// enabled. Set this to true to make shift+tab always unindent, instead of
// inserting tabs.
"shift_tab_unindent": false,

デフォルトではShift + Tabは選択範囲が複数の行にまたがる場合にのみインデントを解除し、それ以外の時にShift + Tabを押すとタブ文字が挿入されます。
これによりtab_completion: trueの時にタブを挿入する事が出来ます。

これをtrueに設定すると、Shift + Tabをタブを挿入するのではなく常にインデントしないようにします。

copy_with_empty_selection

// If true, the copy and cut commands will operate on the current line
// when the selection is empty, rather than doing nothing.
"copy_with_empty_selection": true,

何も選択されていない時にコピーと切り取りを行った際の動作を設定します。
trueの場合は現在の行が選択対象になり、falseの場合は何も行いません。

find_selected_text

// If true, the selected text will be copied into the find panel when it's
// shown.
// On OS X, this value is overridden in the platform specific settings, so
// you'll need to place this line in your user settings to override it.
"find_selected_text": true,

trueの場合、検索パネルが表示され時に選択したテキストが検索パネルにコピーされます。

OS Xでは、この値はプラットフォーム固有の設定で上書きされるため、ユーザー設定でこの行を置き換えて上書きする必要があります。

auto_find_in_selection

// When auto_find_in_selection is enabled, the "Find in Selection" flag
// will be enabled automatically when multiple lines of text are selected
"auto_find_in_selection": false,

trueの場合、複数行のテキストを選択ている状態で検索パネルを開いた時、In selectionフラグが自動的に有効になります。

In selection

drag_text

// When drag_text is enabled, clicking on selected text will begin a
// drag-drop operation. This is not currently implemented under Linux.
"drag_text": true,

trueの時、選択されたテキストをクリックするとドラッグ・ドロップ操作が開始されます。

この機能は現在Linuxでは未実装です(Build 3126現在)。

ユーザーインターフェース設定

タブやステータスバーに関する設定やアニメーションの設定など、
ユーザーインターフェースの外見や挙動に関する設定です。

theme

// The theme controls the look of Sublime Text's UI (buttons, tabs, scroll bars, etc)
"theme": "Default.sublime-theme",

ボタン、タブ、スクロールバー等、Sublime TextのUIの外観を制御します。
カラースキーマと違いメニューからは変更できないので、ユーザー設定ファイルを直接変更する必要があります。

soda_classic_tabssoda_folder_iconsのように、そのテーマ固有の設定もあるので、
配布元のマニュアルを参照したほうが良いです。

scroll_speed

// Set to 0 to disable smooth scrolling. Set to a value between 0 and 1 to
// scroll slower, or set to larger than 1 to scroll faster
"scroll_speed": 1.0,

スクロールスピードを設定します。
1より小さい値に設定するとスクロールが遅くなり、1より大きい場合は速くなります。
スムーズスクロールを無効にするには0に設定します。

tree_animation_enabled

// Controls side bar animation when expanding or collapsing folders
"tree_animation_enabled": true,

サイドバーのフォルダを開閉する時のアニメーションの有無を設定します。

animation_enabled

// Controls animation throughout the application
"animation_enabled": true,

アプリケーション全体のアニメーションの制御を設定します。

highlight_modified_tabs

// Makes tabs with modified files more visible
"highlight_modified_tabs": false,

変更されたファイルかをタブで可視化します。

highlight_modified_tabs

show_tab_close_buttons

"show_tab_close_buttons": true,

タブに閉じるボタンを表示するかを設定します。
閉じるボタンを非表示にした時、タブ幅が短くなるかはテーマファイルに依存します。

bold_folder_labels

// Show folders in the side bar in bold
"bold_folder_labels": false,

サイドバーに表示されるフォルダ名を太字で表示するかを設定します。

use_simple_full_screen

// OS X only: Set to true to disable Lion style full screen support.
// Sublime Text must be restarted for this to take effect.
"use_simple_full_screen": false,

OS X専用
Lionスタイルのフルスクリーンサポートを無効化する場合は`true'に設定します。
この設定を反映させるにはSublime Textを再起動する必要があります。

gpu_window_buffer

// OS X only. Valid values are true, false, and "auto". Auto will enable
// the setting when running on a screen 2560 pixels or wider (i.e., a
// Retina display). When this setting is enabled, OpenGL is used to
// accelerate drawing. Sublime Text must be restarted for changes to take
// effect.
"gpu_window_buffer": "auto",

OS X専用
描画を高速化するためにOpenGLを使用するかを設定します。
有効な値はtrue,falseおよびautoで、デイスプレイの幅が2560px以上(Retinaディスプレイ)の時はautoで設定が有効になります。
この設定を反映させるにはSublime Textを再起動する必要があります。

overlay_scroll_bars

// Valid values are "system", "enabled" and "disabled"
"overlay_scroll_bars": "system",

スクロールバーの表示方法をカスタマイズします。

enabledの場合、スクロールさせた時だけノブ(つまみ)をオーバーレイ表示します。
スペースバーを表示しておく為のスペースが必要ない為、少しだけテキストエリアが広くなります。
disabledの場合は通常のスクロールバーを使用し、systemの場合はシステムの規定の設定に従います。

overlay_scroll_bars

enable_tab_scrolling

// Allows tabs to scroll left and right, instead of simply shrinking
"enable_tab_scrolling": true,

複数のファイルを開いた時、タブ幅を縮小するだけでなく左右にスクロール出来るようにします。

show_encoding

// Display file encoding in the status bar
"show_encoding": false,

ステータスバーにファイルのエンコーディング情報を表示し、クリックで変更とエンコードを指定して開き直しが出来るようになります。

show_encoding

show_line_endings

// Display line endings in the status bar
"show_line_endings": false,

ステータスバーに改行文字の情報を表示し、クリックで変更も行えるようにします。

show_line_endings.png

アプリケーションの動作設定

次回の起動時に前回の状態を復元するかや、フォルダを開いた時に除外するファイル・フォルダを指定したりといった、
アプリケーションの詳細な動作設定をします。

hot_exit

// Exiting the application with hot_exit enabled will cause it to close
// immediately without prompting. Unsaved modifications and open files will
// be preserved and restored when next starting.
//
// Closing a window with an associated project will also close the window
// without prompting, preserving unsaved changes in the workspace file
// alongside the project.
"hot_exit": true,

hot_exitを有効にしてアプリケーションを終了すると、確認の表示せずに直ちに終了します。
開いているファイルや保存されていな変更等の作業状況は保存され、次の起動時に復元されます。

関連するプロジェクトでウィンドウを閉じると、プロジェクトと一緒にワークスペース内の保存されてない変更を保存した後、保存の確認をせず終了します。

remember_open_files

// remember_open_files makes the application start up with the last set of
// open files. Changing this to false will have no effect if hot_exit is
// true
"remember_open_files": false,

終了時に開かれていたファイルを次回の起動時に開きます。
hot_exit: trueの場合、そちらの設定が優先されるためこの設定は無視されます。

この設定はBuild 3080にてデフォルトでfalseになりました。5

remember_full_screen

// remember_full_screen will allow Sublime Text to start in full screen
// mode if it was exited in full screen mode. When set to false, Sublime
// Text will never start in full screen mode.
"remember_full_screen": false,

Sublime Textがフルスクリーンモードで終了した場合、フルスクリーンモードで開始するかを設定します。

always_prompt_for_file_reload

// Always prompt before reloading a file, even if the file hasn't been
// modified. The default behavior is to automatically reload a file if it
// hasn't been edited. If a file has unsaved changes, a prompt will always
// be shown.
"always_prompt_for_file_reload": false,

開いているファイルが外部から変更された際、常にリロードの確認を行なうかを設定します。
デフォルトの動作は、編集されていなファイルを自動的にリロードし、変更が保存されていない場合のみ確認します。

open_files_in_new_window

// OS X only: When files are opened from finder, or by dragging onto the
// dock icon, this controls if a new window is created or not.
"open_files_in_new_window": true,

OS X専用
Finderからファイルを開いたり、Dockアイコンにドロップした時に新しいウィンドウを作成するかを制御します。

create_window_at_startup

// OS X only: This controls if an empty window is created at startup or not.
"create_window_at_startup": true,

OS X専用
起動時に空のウィンドウを作成するかどうかを制御します。

close_windows_when_empty

// Set to true to close windows as soon as the last file is closed, unless
// there's a folder open within the window. This is always enabled on OS X,
// changing it here won't modify the behavior.
"close_windows_when_empty": false,

ウィンドウ内にフォルダを開いておらず、最後のファイルが閉じられた時に、ウィンドウを閉じるかどうかを設定します。

OS Xでは、この値はプラットフォーム固有の設定で上書きされる為、ユーザー設定にこの行を置き換えて上書きする必要があります。

show_full_path

// Show the full path to files in the title bar.
// On OS X, this value is overridden in the platform specific settings, so
// you'll need to place this line in your user settings to override it.
"show_full_path": true,

タイトルバーにファイルのフルパスを表示するかを設定します。

OS Xでは、この値はプラットフォーム固有の設定で上書きされる為、ユーザー設定にこの行を置き換えて上書きする必要があります。

show_panel_on_build

// Shows the Build Results panel when building. If set to false, the Build
// Results can be shown via the Tools/Build Results menu.
"show_panel_on_build": true,

ビルド時にビルド結果パネルを表示するか設定します。
falseの場合は、[ツール(Tools)] > [ビルド結果(Build Results)] > [パネル表示(Show Build Results)]から表示できます。

show_errors_inline

// Shows build errors just under the line on which they occur.
"show_errors_inline": true,

ビルドエラーが発生した行の直下にエラーメッセージを表示するかを設定します。 6

show_errors_inline

preview_on_click

// Preview file contents when clicking on a file in the side bar. Double
// clicking or editing the preview will open the file and assign it a tab.
"preview_on_click": true,

サイドバーのファイルをクリックすると、ファイルの内容がプレビューされ、プレビューをダブルクリックまたは編集すると、ファイルが開きタブが割り当てられます。

folder_exclude_patterns, file_exclude_patterns

// folder_exclude_patterns and file_exclude_patterns control which files
// are listed in folders on the side bar. These can also be set on a per-
// project basis.
"folder_exclude_patterns": [".svn", ".git", ".hg", "CVS"],
"file_exclude_patterns": ["*.pyc", "*.pyo", "*.exe", "*.dll", "*.obj","*.o", "*.a", "*.lib", "*.so", "*.dylib", "*.ncb", "*.sdf", "*.suo", "*.pdb", "*.idb", ".DS_Store", "*.class", "*.psd", "*.db", "*.sublime-workspace"],

folder_exclude_patternsでサイドバーで除外したいサブフォルダを、file_exclude_patternsでファイル名を制御します。

これらはプロジェクトごとに設定することも出来ます。

binary_file_patterns

// These files will still show up in the side bar, but won't be included in
// Goto Anything or Find in Files
"binary_file_patterns": ["*.jpg", "*.jpeg", "*.png", "*.gif", "*.ttf", "*.tga", "*.dds", "*.ico", "*.eot", "*.pdf", "*.swf", "*.jar", "*.zip"],

ここで設定したファイルはサイドバーには表示されますが、
メニューの移動 汎用(Goto Anything)ファイル内検索(Find in Files)からは除外されます。

index_files

// File indexing parses all files in the side bar, and builds an index of
// their symbols. This is required for Goto Definition to work.
"index_files": true,

サイドバー内の全てのファイルを解析し、それらのシンボルのインデックスを構築します。
これは移動[定義](Goto Definition)を機能させるために必要です。

// Set the number threads to use for indexing. A value of 0 will make
// Sublime Text guess based on the number of cores. Use the index_files
// setting to disable all workers.
"index_workers": 0,

インデックス作成に使用するスレッド数を設定します。0を指定するとコア数に基づいた適切な数をSublime Textが推測します。
全てのワーカーを無効にするにはindex_files設定を使用します。

index_exclude_patterns

// index_exclude_patterns indicate which files won't be indexed.
"index_exclude_patterns": ["*.log"],

インデックスから除外したいファイルを記述します。

enable_telemetry

// When enabled, anonymised usage data is sent back, assisting Sublime HQ
// in making informed decisions about improving Sublime Text. File names
// and file contents are never included, but data such as computer
// specifications, startup time, installed packages, and edited file types
// are. When disabled, telemetry is neither recorded or sent.
// A setting of auto will enable telemetry in dev builds, and disable
// telemetry in regular builds.
"enable_telemetry": "auto",

この設定を有効にすると、Sublime HQがSublime Textの改善について情報に基づいた決定を下すのを助ける、匿名化された使用状況データが返送されます。

ファイル名とファイルの内容は決して含まれませんが、コンピュータの仕様、起動時間、インストールされたパッケージ、編集されたファイルの種類などのデータが含まれています。

autoに設定すると。dev Buildのテレメトリーが有効になり、通常のビルドでは無効になります。
Stable Channelではこの設定項目は削除されています。

ignored_packages

// List any packages to ignore here. When removing entries from this list,
// a restart may be required if the package contains plugins.
"ignored_packages": ["Vintage"]

無効化するパッケージをリストします。
このリストからエントリーを削除した時、パッケージにプラグインが含まれている場合は、再起動が必要にある事があります。


  1. Dev Build, Build 3131以降のバージョン以降 

  2. 全角スペースは可視化されません。 

  3. Markdownでは改行を行末の空白2文字で表現するため、trueにする場合は基本設定 - シンタックス指定でファイル形式毎に個別に設定を行なうなど注意が必要です。 

  4. shift_JISEUC-JPには対応していないのでここで指定は出来ない。 

  5. Build3126現在、デフォルトのPreferences.-sublime-settingsからは削除されている模様。 

  6. sublime-buildファイルで正規表現を使ってエラーメッセージが正しく取得出来る状態になっている必要があります。