GNU Octaveをコマンドラインでファイルから読み込むときにグラフを出す

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

GNU Octaveをコマンドラインで使うときに、

$ octave hoge.m

とすると、hoge.m内にplot等のグラフ描画命令があると一応グラフのウィンドウが出来るが、一瞬で消えてしまう。

これを解決するには

$ octave --persist hoge.m

とするか、hoge.mの末尾にpauseを追記すれば、グラフウィンドウが出るところでプログラムが止まる

グラフウィンドウが出た後にインタラクティブモードになるので前者のほうがオススメ