1. Qiita
  2. 投稿
  3. docker

Dockerで簡単にSlackライクなmattermostを動かしてみよう!

  • 54
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

mattermostというSlackライクなOSSのチャットツールを試してみました。

Slackを使いたいけど、企業として、センシティブな情報をどうしてもホスティングなサービスには公開できない。。
という方々にとっては一つの選択肢になるのではないでしょうか。

手動で今回は構築しましたが、Dockerのimageを作りこめば、もろもろ自動化や冗長化もできそうです。

1. mattermostのimageを取得する

docker pull mattermost/platform
docker run --name mattermost-dev -d --publish 8065:80 mattermost/platform

2. GitLab側で、mattermostをApplicationとして設定する

Applicationの登録

以下のページを参考にしました。

https://github.com/mattermost/platform/blob/6ab7df3335d414ecf864972c817e3b37b3b01abf/doc/integrations/Single-Sign-On/Gitlab.md

GitLab > Admin > Applications で、新しいApplicationを追加して、IdとSecretを発行します。

その際に、利用するRedirectURlは

${あなたのGitLab}/signup/gitlab/complete

となります。

3. mattermost側での設定

コンテナに/bin/bashではいって、

docker exec -it mattermost-dev /bin/bash

設定ファイルを編集します。/mattermost/config/config.jsonではないのでご注意ください。

vi /config_docker.json
/config_docker.json
    "GitLabSettings": {
        "Enable": false,
        "Secret": "取得したSecret",
        "Id": "取得したId",
        "Scope": "",
        "AuthEndpoint": "${あなたのGitLab}/oauth/authorize",
        "TokenEndpoint": "${あなたのGitLab}/oauth/token",
        "UserApiEndpoint": "${あなたのGitLab}/api/v3/user"
    },

mattermostコンテナを再起動

設定ファイルを編集し終わったら、コンテナから抜けて、mattermostコンテナを再起動します。

docker restart mattermost-dev

4. Webブラウザでログインできる確認してみる

コンテナを作成したURLにウェブブラウザでアクセスしてみました。

mattermost_login.png

GitLab Accountでログインできそうなボタンが追加されてますね!

mattermost_login2.png

チーム名を入力して、ボタンを押下すると、、、

mattermost_login3.png

いけました!

matter_most_home.png

日本語入力や改行もできるし、よりSlackっぽくなってきましたね。

Dockerでお手軽にできるのも魅力的ですね。

以上となります。