JavaScriptの引数でデフォルト値を設定する

  • 33
    いいね
  • 7
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

JavaScriptの引数でデフォルト値を設定する

function tmpFun (arg1, arg2) {
    if (arg1 == null) {
        arg1 = 'hoge';
    }
    if (arg2 == null) {
        arg2 = 'fuga';
    }

    console.log(arg1);
    console.log(arg2);
}
tmpFun();

引数がnullであれば代入してやるだけ。

if文の書き方いろいろ

ぱっと思いつく限り、以下の4パターン。

if文1
function tmpFun (arg1, arg2) {
    if (arg1 == null) {
        arg1 = 'hoge';
    }
    if (arg2 == null) {
        arg2 = 'fuga';
    }

    console.log(arg1);
    console.log(arg2);
}
tmpFun();
if文2
function tmpFun (arg1, arg2) {
    if (arg1 == null) arg1 = 'hoge';
    if (arg2 == null) arg2 = 'fuga';

    console.log(arg1);
    console.log(arg2);
}
tmpFun();
三項演算子1
function tmpFun (arg1, arg2) {
    (arg1 == null) ? arg1 = 'hoge' : arg1;
    (arg2 == null) ? arg2 = 'fuga' : arg2;

    console.log(arg1);
    console.log(arg2);
}
tmpFun();
三項演算子2
function tmpFun (arg1, arg2) {
    arg1 = (arg1 == null) ? 'hoge' : arg1;
    arg2 = (arg2 == null) ? 'fuga' : arg2;

    console.log(arg1);
    console.log(arg2);
}
tmpFun();

if文1は冗長すぎるし、三項演算子は可読性があまりよろしくないです。
if文をシングルラインで記述する、if文2をいつも愛用しています。