Homebrewでインストールしまくったあいつらの正体を知りに行く

  • 12
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

結論

brew-list-v.sh
brew list | grep -v '^lib' | while read line; do
  echo -n ${line}$'\t'
  brew info $line | grep -P '^https?://' | head -n1
done | column -t -s $'\t' > brew-list.txt
brew-list.txt
atk                        https://library.gnome.org/devel/atk/
autoconf                   https://www.gnu.org/software/autoconf
automake                   https://www.gnu.org/software/automake/
autotrace                  http://autotrace.sourceforge.net
awscli                     https://aws.amazon.com/cli/
:

そこそこ便利。

背景

Homebrewは、OSX界じゃあデファクトスタンダードといった趣です。

ただ、最近 zplug でzsh上にplugin commandとして放り込んだほうが良いものも多々あるなァ、brewで何インストールしたっけな、とbrew listしたら絶望的な気持ちになりました。

brew_list.png
あらあらまぁまぁ。

最初は「見覚えあるなァ、こいつ」と思ったものにアタリを付けて、検索して調べて・・・とやってましたが、正直やってられません

brew info [formula] とすれば、各インストールの詳細も見れます。

が、
brew_info.png
詳細ったって・・・なァ・・・。

こういう時こそ軽めのシェル芸だな、と思ったので飛び出しましたるのが冒頭のシェルです。

fzf なり、 peco なりと組み合わせてもいいかも。

brew-list-openurl.sh
brew list | grep -v '^lib' | while read line; do
  echo -n ${line}$'\t'
  brew info $line | grep -P '^https?://' | head -n1
done |
  column -t -s $'\t' |
  fzf |
  awk '{print $2} |
  xargs -n1 --no-run-if-empty open

うーん、brewの整理、頑張ろ。

追記 2016-02-17

よくよく見たら、brewにはhomeというサブコマンドがあったのですね

brew-list-openurl.sh
brew list |
  fzf |
  xargs -n1 --no-run-if-empty brew home