CentOSにrbenvとphpenvをシステムワイドにインストール

  • 43
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

VPSにrubyのとphpのバージョン管理環境を構築したのでそのメモ.

環境

  • CentOS 6.5
  • 今回は常にルートで作業する

構築

rbenvでrubyの環境構築

rbenvをGitからクローン.

/usr/local
#rbenvのクローン
git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ./rbenv

クローンが終了後,パスを通す.
今回はシステムワイドに環境を構築するで,ログイン時に読み込まれる/etc/profile.d/
env.shというシェルを記述する.

/etc/profile.d/env.sh
#rbenv用パス
export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"
export PATH
eval "$(rbenv init -)"

パスを確認.

$PATH
echo $PATH

usr/local/rbenv/bin:/usr/local/rbenv/shims:/usr/local/rbenv/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/

ruby-buildをGitからクローン.

/usr/local/rbenv/
#ruby-buildのクローン
mkdir ./plugins
cd ./plugins
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ./ruby-build

ruby-buildディレクトリ内のインストール用スクリプトを実行する

/usr/local/rbenv/plugins
cd ./ruby-build/
ls
bin  install.sh  LICENSE  README.md  script  share test

./install.sh

以上で,rbenvの構築は終了.
好きなrubyのバージョンをインストールすることができる.

rbenvコマンド
#インストールできるバージョン一覧
rbenv install --list

#インストール
rbenv install x.x.x

#反映
rbenv global(local) x.x.x

phpenvでphpの環境構築

phpenvをGitからクローン.

/usr/local
#phpenvのクローン
git clone https://github.com/CHH/phpenv.git ./.phpenv

クローン終了後,インストール用スクリプトを実行

デフォルトでは,ホームディレクトリに.phpenvが作成される.
環境変数PHPENV_ROOTを設定していると,設定したパスにディレクトリが作成されるようだが,うまくいかなかったため,今回はデフォルトを採用.

/usr/local/
cd ./.phpenv/bin/
ls
phpenv-install.sh

./phpenv-install.sh

#インストール終了後,ホームディレクトリから移動
mv ~/phpenv /usr/local/
cd ./phpenv
ls
bin  completions  libexec  LICENSE  plugins  README.md  shims  test  version  versions

phpenvのパスを通す.
phpenvとrbenvを共存させるためには,rbenvのパスより後にphpenvのパスを記述しなければならない.

phpenvもシステムワイドに利用するため,/etc/profile.d/env.shに記述する.

/etc/profile.d/env.sh
#rbenv
export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"

#phpenv
export PHPENV_ROOT="/usr/local/phpenv"
PATH="$PATH:$PHPENV_ROOT/bin"

export PATH
eval "$(rbenv init -)"
eval "$(phpenv init -)"

パスを確認

$PATH
echo $PATH

/usr/local/rbenv/bin:/usr/local/rbenv/shims:/usr/local/rbenv/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/phpenv/bin:/root/bin:/usr/local/phpenv/bin

rbenvより後に,phpenvのパスが記述されている.

次に,php-buildをクローン

/usr/local/phpenv
#php-buildのクローン
mkdir ./plugins
cd ./plugins
git clone https://github.com/CHH/php-build.git ./php-build

php-build内のインストール用スクリプトを実行

cd ./php-build
ls
bin  CONTRIBUTING.md  LICENSE  man  run-tests.sh  tests  vagrant-init.sh
build-docs.sh  install.sh  make-release.sh  README.md  share  Vagrantfile

./install.sh

依存パッケージのインストール

phpをインストールする際に,依存パッケージが必要となる.
私の環境では,以下のパッケージをインストールした.

依存パッケージのインストール
#リポジトリの登録
yum localinstall http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

#依存パッケージのインストール(自分の環境に応じて必要なモノをインストール)
yum install re2c bison libjpeg-devel libpng-devel libmcypt-devel libtidy-devel

依存パッケージをインストールし終えると,phpenvで必要なバージョンをインストールすることができる.

必要なバージョンのインストール
#インストールすることのできるバージョンの一覧
phpenv install --releases

#インストール
phpenv install x.x.x

以上で,phpenvの環境構築は終了.

参考文献