Reactを勉強しようとして、yarnを知り、その前にnpmを知ろうして、node.jsに辿り着き、CommonJSが関係し、CommonLISPを経て、LISPをちょっとかじったら、ポーランド記法にたどり着いた話

  • 2
    いいね
  • 4
    コメント

Reactを勉強しようとした経緯

在席している会社でReactの資料があったので、Reactをほとんど知らない私が勉強しようと思いたったのが始めた経緯。

Reactのインストール方法に、yarnとnpmの2種類があります。

yarnもnpmも良く知らないので、npmの歴史から調べてみることにする。

と言ったここまで、事が始まるまでの経緯。

npmを調べる。

googleでnpmで調べると比較的上位に、以下の記事が表示される。

npm とか bower とか一体何なんだよ!Javascript 界隈の文脈を理解しよう ...

「CommonJS」誕生 - Javascript は汎用プログラミング言語へ

npmを知ろうとしてQiitaの記事を開いたら、なんでCommonJSの話になるんだよ!!!

CommonJS はあくまで仕様であり、CommonJS というライブラリが存在するわけではありません。Common Lisp みたいなものです。

Common Lisp???
もういい、Common Lispから調べる!

Common Lisp(wikiペディア参照)

Common Lisp(コモン・リスプ、CL と略記される)は関数型プログラミング言語で LISP方言の一種。

やっぱりLISPに関係するのか。
でも、LISPは聞いたことあるけど、どんな言語なんだろう。

LISP(wikiペディア参照)

LISPは、長い歴史を持ち、特徴的で完全に括弧で囲われたポーランド記法[1]によるプログラミング言語である。

ポーランド記法ってなんだよ!!!

ポーランド記法(wikiペディア参照)

例えば、「1 と 2 を加算する」という演算を、一般的に数式の表記に用いられる中置記法で記述すると、以下のようになる。

1 + 2

一方、ポーランド記法では、加算を表す演算子 + を、被演算子である 1 と 2 の前(左)に置いて、以下のように記述する。

+ 1 2

中置法はいつも使ってるやつで、ポーランド記法って、こんな感じに書くんか、はー勉強になりました。
Reactはどこにいったのだろう。

ポーランド記法は、一見、理解しずらそうだけど、以下のように()括弧を省けるというメリットがあるとか。
中置法

(1 + 5) * (2 + 3)

ポーランド記法

* + 1 5 + 2 3