1. Qiita
  2. 投稿
  3. RaspberryPi

Raspberry Piにvsftpd 3.0.3をソースからインストール

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    に投稿
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    Raspberry Piのvftp 2.3.5ではchrootがうまく設定できないのでソースからビルドしたその記録。

    ソースファイルを取得し、展開、そのディレクトリへ移動

    # wget https://security.appspot.com/downloads/vsftpd-3.0.3.tar.gz
    # tar zxfv vsftpd-3.0.3.tar.gz 
    # cd vsftpd-3.0.3/
    

    cryptに対するエラーを回避する

    このままmakeすると下記エラーメッセージを表示し、ビルが失敗する。

    sysdeputil.c:(.text+0xe0): `crypt' に対する定義されていない参照です
    sysdeputil.c:(.text+0x100): `crypt' に対する定義されていない参照です
    

    そこでvsf_findlbs.shにlibcryptの所在を記す。

    # vim vsf_findlibs.sh
    

    29行目に下記を追加

       locate_library /usr/lib/arm-linux-gnueabihf/libcrypt.so && echo "-lcrypt";
    

    make

    vsf_findlbs.shを保存終了後、makeし、インストールする。

    make
    make install
    

    chrootの設定

    chrootできるように設定ファイルを編集。

    vim /etc/vsftpd.conf
    chroot_local_user=YES
    chroot_list_enable=YES
    chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
    allow_writeable_chroot=YES
    

    vsftpdサーバを起動する。

    /usr/local/sbin/vsftpd &