たった6行!最も簡単にiBeaconの電波を「発信」する方法

  • 271
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

さあiBeaconのアプリを作ってみよう!
となった時に、一番困るのがiBeaconフォーマットのBluetoothを発信してくれるようなデバイスがパッとないことです。

自分で実装?めんどいな…っていうかiPhone2台も持ってないしなぁ……
aplixやestimoteを買う?金かかるのもなぁ……

というわけで、Macを使った最も簡単にiBeaconの電波を発信する(Advertiseする)方法をまとめたいと思います。

最も簡単に「受信」をしたい場合はこちら!
たった4行!最も簡単にiBeaconの電波を「受信」する方法

環境

  • Bluetooth Low Energy(BLE, Bluetooth4.0)が搭載されたMac製品
    • Macbook Pro, Macbook Pro Retina, Macbook Airなどなど
    • 最近の製品なら大抵OK
  • node.js v0.10.24

準備

Macでnode.jsとnpmを使えるようにする必要があります。
http://nodejs.org/
から"INSTALL"をクリックしpkgファイルをダウンロードし、インストールします。

その後、適当にディレクトリを作成しましょう。
ここでは~/ibeaconを作成します。

mkdir ~/ibeacon

これで準備は完了です!

iBeaconを発信してみる

今回はbleaconを使います。
まず、bleaconをnpm installしましょう。

cd ~/ibeacon
npm install bleacon

その後、適当にjsを書きます。下記をコピペでも構いません。

beacon.js
Bleacon = require('bleacon');

var uuid = 'E86367B8D8A84BE082DE4653A7333113';
var major = 0;
var minor = 0;
var measuredPower = -59;

Bleacon.startAdvertising(uuid, major, minor, measuredPower);

これで準備は完了です。
実際に実行してみましょう。

node ~/ibeacon/beacon.js

これで特にエラーがでなければ飛んでいるはずです。

とても簡単!

追記

blenoを使用していましたが、bleaconに変更しました。
blenoをbleaconに書き換えるだけで動くはずです。

また、メソッド名も変更されてました。
startAdvertisingIbeacon -> startAdvertising
zonoさんありがとうございます!