Pull Requestベースの開発で最低限必要なGit操作チートシート

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

記事の目的

チームではgitとPull Request(プルリクエスト、プルリク)を使った開発をしているが、gitもプルリクも初めての人が入ったときに一番最初に覚えて欲しい内容のメモ。
日常的に利用するコマンドのチートシートにしたいため、cloneやremoteなどの設定は終わっている前提。
(現状下書き段階なので適当にアップデートしていきます。たぶん。)

こういう内容も入れてはどう?というコメントもあれば。
ただ、"最低限"の内容にこだわっているのであまり文量は増やさない方針。

コマンドチートシート

最低限の最低限

作業フローは経験したことがあるけどコマンドうろ覚えの人用。

$ git checkout master  # 開発環境上のブランチをmasterに切り替え
$ git pull             # 開発環境上のコードを最新にする
$ git checkout -b feature/kakkoii_kinoh # masterブランチを元にして新しいブランチを作成
## 作業する ##
$ git add your/path/to/file # 指定したファイルの変更をステージングに上げる
$ git commit -m '◯◯の機能を実装' # コメントを付けてコミットする
## 必要なだけ作業→コミットを繰り返す ##
$ git push origin feature/kakkoii_kinoh # ブランチをリモートリポジトリにPushする
## github上でプルリクを出す ##

実際の流れをもうちょっと詳しく

作業用ブランチの作成

新しい機能を作るためのブランチを作成

$ git checkout master  # 開発環境上のブランチをmasterに切り替え
$ git pull             # 開発環境上のコードを最新にする
$ git checkout -b feature/kakkoii_kinoh # masterブランチを元にして新しいブランチを作成

現在自分がどのブランチにいるかは以下のコマンドで確認

$ git branch # 開発環境上に存在するブランチ一覧と、現在のブランチを表示

作業する

一段落つくまで作業する。
粒度はプロジェクトによって異なる。

作業内容は以下のコマンドで確認

$ git diff   # どのファイルがどう変更されているか(差分)を表示
$ git status # どのファイルが変更されているかを表示

作業内容をステージングエリアに上げる

$ git add your/path/to/file # 指定したファイルの変更をステージングに上げる

ステージングに上がったどうかの確認

$ git status # どのファイルがステージングに上がったかを表示

コミットを作る

$ git commit -m '◯◯の機能を実装' # コメントを付けてコミットする

確認用コマンド

$ git show        # 直前のコミットに含まれる差分を表示
$ git show --stat # 直前のコミットに含まれるファイル一覧を表示
$ git status      # コミットされずに残っているファイルの確認

Pushする

コミットを作った時点ではまだリモートリポジトリには反映されていない。
つまり、自分の開発環境でだけの操作で、他の人からは見えない状態。

次のコマンドを実行すると、他の人からも変更が見えるようになる。

$ git push origin feature/kakkoii_kinoh # ブランチをリモートリポジトリにPushする

Pull Requestを出す

github上でプルリクを出す。

次の作業(最初)に戻る

お疲れ様でした。
それではまたmasterブランチに戻って新しい作業を続けましょう!

参考

現場で使うGitのテクニック - Qiita
http://qiita.com/treby/items/9184251b545d9ebc3198#%E3%82%88%E3%81%8F%E4%BD%BF%E3%81%86%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C

プロジェクトGit運用手順まとめ - Qiita
http://qiita.com/Sanche/items/9b2b50f065c9042414f0