WindowsでGitBucketとJenkinsを連携させるときの注意点メモ

  • 0
    Like
  • 0
    Comment

    連携方法

    GitHub Organization Folderで作るのが楽。
    一度設定してしまえばグループのリポジトリが増えてもJenkinsfileを書いてWebhookを設定してやれば、
    Jenkins側の設定変更なしでOKというお手軽さが便利。

    注意点

    • Jenkins側のプラグインのバージョンによっては動かないことがある→私が気づいたときにGitBucketにPR出して頑張ってる #1478 とか
    • GitBucket(の.git)へのアクセスが80 or 443ポートで出来ないとダメ(今のところハードコーディングされているので・・・)
    • git.exeのcredential.helperに注意

    git credential.helper

    普通にインストールしたGit for Windowsだとパスワード入力を促すGUIダイアログが出て便利なようになっている。
    しかし、これはJenkinsから実行されたときには余計なお世話で、サービスで動いているのにGUIの処理待ちをしてしまい、git fetchが終わらないという現象に悩まされることになる。解決するには、以下のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトで実行してcredential.helperを未設定にしてやると良い。(普通にログインして使うユーザはgit config --global credential.helper manager しておかないとGUIのパスワードダイアログが出なくて不便になる)

    > git config --system --unset credential.helper