Rails開発用のAtomエディタの設定メモ(2015年版)

  • 105
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

去年こういう記事を書いたのですが、

Rails開発用のAtomエディタの設定メモ
http://qiita.com/knt45/items/90e53722183e70de3099

あれから1年近く経って、Atom1.0がリリースされたこともあるので、改めて今の設定をメモしておきます。
また、前回との差分も書いておきます。

環境

以前はChocolatey経由でインストールしていましたが、今は自動インストーラがあるのでそっちを使ってます。

  • Windows7(&自動インストーラー)

方針

これは以前と変わってません。

  • Railsの開発用に最適化したい
  • 極力デフォルトのままがいい (設定変更や導入するパッケージは最小限に)

設定

config.csonはこんな感じです。

"*":
  "exception-reporting":
    userId: "xxx"
  welcome:
    showOnStartup: false
  editor:
    fontFamily: "\"Migu 1M\""
    showIndentGuide: true
    showInvisibles: true
    invisibles: {}
  linter: {}
  core: {}
  "file-types":
    rb: "source.ruby.rails"
    erb: "text.html.ruby"

ほぼデフォルトです。インデントガイドをONに、またタブやスペースは可視化しています。

補足として、file-typesの指定なんですが、.rbはRuby on Railsと関連付けたいのでそうしています。
また、.erbはHTML(Rails)と関連付けるようにしています。こうしないとlinter-erbでRailsのerbとしては適切に記述しているファイルがエラーと認識されてしまいます。

Font Family

色々試しましたが、やっぱりMiguが一番良いです。

  • Migu 1M

UI Theme / Syntax Theme

これも何個も試しましたが、結局、標準のOne Darkに落ち着きました。

  • One Dark

Packages

事前にやっておくこと

Linterで使います。

  • gem install rubocop
  • gem install scss-lint

インストールしているパッケージ

File Icon

File Types

Linter

Moving

Formatting

インストールしなくなったパッケージ

Project Manage

マルチプロジェクトの機能が本体に取り込まれたため

Autocomplete

autocomplete-plusは本体に取り込まれたため

Highlight

しばらく運用してみたが、逆に目障りだったため

Run Script

使用頻度が低かったため

Formatting

なぜか正常に動作しなかったため(自分の環境設定の問題かも)