1. Qiita
  2. 投稿
  3. PhpStorm

PhpStormの初期設定時のメモ

  • 87
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

PhpStorm試用中。
再インストール時に困らないようにPhpStormの初期設定時のメモを残しておきます。

エディタ設定

Show line numbers を有効にする

Settings → Editorの Appearance の Show line numbers にチェックを入れる
これで行番号が表示される

Surround selection on typing quote or brace を有効にする

Setting → Editor の Smart Keys の Surround selection on typing quote or brace にチェックをいれる
これで選択中にシングルクォートやダブルクォートをタイプすると選択領域をタイプした文字で囲むことができる

SCSS設定

Setting → File Watchers の SCSS でArgumentsを以下にする

--style compressed --unix-newlines --no-cache --update $FileName$:../css/$FileNameWithoutExtension$.css

カラースキーマ設定

View → Quick Switch Theme を実行して、Switch Color Scheme でMonokaiを選ぶ

データベース接続設定

View → Tool Windows → DataBase からデータベース設定
特に迷うところはない。必要な項目を埋めて、Test Connection

SFTP接続設定

Tools → Deployment → Configuration からSFTP設定
特に迷うところはない。必要な項目を埋めて、Test Connection

CakePHP

PHP filesに拡張子ctpを追加

Setting → File Types でPHP filesに*.ctpを追加
これで拡張子ctpのファイルもシンタックスハイライト等が有効になる

プラグインCakeStormを追加

Setting → Plugins のBrowse repositiesからCakeStormを選んでダウンロード/インストールして再起動
これでCakePHPプロジェクト内のファイル間移動が便利になる

Markdown

プラグインMarkdownを追加

Setting → Plugins のBrowse repositiesからMarkdownを選んでダウンロード/インストールして再起動
これでMarkdownのシンタックスハイライトが有効になる

シェルスクリプト

プラグインBashSupportを追加

Setting → Plugins のBrowse repositiesからBashSupportを選んでダウンロード/インストールして再起動
これでshのシンタックスハイライトが有効になる

Comments Loading...