【CentOS, PHP】CentOSへのPHP5.5, MySQL5.6環境の構築

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

リポジトリの追加

epelリポジトリの登録

# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

remiリポジトリの登録

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

mysql-communityの登録

# yum install -y http://repo.mysql.com/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

MySQLのインストール

MySQLのインストール

下記コマンドでは、5.6系のバージョンがインストールされる。

# yum install -y mysql mysql-server mysql-devel 

PHPMyAdminのインストール

(必要であればPHPMyAdminを下記コマンドでインストールできます)

# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php55 phpMyAdmin

PHP5.5のインストール

依存関係のあるパッケージのインストール

# yum install -y --enablerepo=epel libmcrypt

PHP5.5のインストール

# yum install -y --enablerepo=remi,remi-php55 php php-devel php-pear php-mbstring php-xml php-mcrypt php-gd php-pecl-xdebug php-opcache php-pecl-apcu php-fpm php-phpunit-PHPUnit php-mysqlnd

Apacheのインストール

# yum install -y httpd httpd-devel

まとめ

とりあえず現状でPHP×MySQLで開発するのに必要十分な環境の構築が完了です。
できればNginxにしたいという話はありつつですが、とりあえずはApacheでの環境構築とします。