プライベートクラウドをSoftLayer上にCloudStackでチビチビと作ってみる

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    このエントリは、
    CloudStack Advent Calendar 2014の15日目のエントリー兼
    1枚目 SoftLayer Advent Calendar 2014の15日目のエントリーです。


    はじめに

    SoftLayerの特徴の一つは、物理サーバーの利用ができるという点です。物理サーバーをオーダーする時に様々な種類のOSを選択できますが、VMware、Hyper-V、XenServerなどのハイパーバイザーを選択することもできます。ということは、OpenStackやCloudStackで、SoftLayer上にプライベートクラウドを構築することもできるということになります。
    IBMは、今年10月にOpenStackベースのプライベートクラウドを、サービスとしてSoftLayer上に提供するという発表をしましたので、来年はSoftLayer上でプライベートクラウドを構築するケースも増えてくるのではないかと思っています。そこで、今回はCloudStackを使って、SoftLayer上にプライベートクラウドを構築してみたいと思います。

    サーバーの準備

    まずは、まずは下記のような構成で、サーバーを4台(仮想サーバー2台、物理サーバー2台)オーダーしてみました。

    1.png

    SoftLayer上でのサーバーのオーダー方法については、既に色々Blogなどが書かれているので、大丈夫だと思いますが、下記のBlog等を参考にするといいと思います。(今回はキャンペーンを使用しませんでしたが、キャンペーンを利用すると、一定期間、無料でプライベートクラウドを構築することが可能だと思います。)

    IBM SoftLayer 課金の仕組み
    英語はよくわかりませんが、SoftLayerを触ってみました

    と、、これから構築していくわけですが、続きは12月25日までに書きたいと思います。

    環境がうまく構築できれば、CloudStackで作成したプライベートクラウドと、オンプレミスで拠点間VPNを張りハイブリッド構成をとってみたり、オンプレミスや、SoftLayerの複数のリージョンのHypervisorをリモートホストとして追加してみたりしてみたいと思っています。


    ご意見等あれば、Facebook | Twitter までお願いします。