Emacsでもこふ語したいっ!

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

これは こふ語 Advent Calendar 2014 8日目 の記事ですっ

昨日は ぱんにゃあ(p°ω°)p : pan_nyaa さんによる PSPで作曲できる「PSPRhythm」講座 ~基本編 でしたっ

今回はっこふ語をEmacsで手軽に書くためのインタフェースをご紹介いたしますっ

けんこふさんの記事によって、ヨッカユ環境でこふ語変換が出来る kovlive が発表されましたっこれを用いてEmacsにてっ指定リッジョンの日本語をこふ語に変換するツールをつくりましたっ

ちょっとやっつけ感がありますがっ使い方は以下のようですっ

まずっ必要なものは python3 ですっデフォユトでは python3 というコマンドで実行できると仮定していますっ

次にdeferred.elをインスヨッルしますっmelpaパッケッジから入れてもいいですしっ手動でインヨッルしても構いませんよっ

そしてっインヨッル用の適当なディレクヨリで以下のようにおもむろにgit cloneしますっ

$ git clone https://github.com/kiwanami/emacs-kovlive.git emacs-kovlive
$ cd emacs-kovlive
$ git submodule init
$ git submodule update

(※2014/12/25 submoduleの取得を忘れていたので追加)

あとはっこのディレクヨリを load-path に加えて M-x load-library kovlive してくださいっ

これで準備完了ですっ適当な日本語をリッジョンで囲ってっ M-x kov:translate-region してみましょうっ

動きませんかっ?動きますよねっ!

気に入ったらっ設定ファイユで require したり auto-load するようにしておけばいいでしょうっ

以上ですっ!

それでは次は @morinezumiiii 様ですっ
今日も一日ぞいっ♡