日本の行政機関が公開しているAPIについてのまとめ(2016年5月19日暫定版)

  • 51
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事は下記のURLにある自分が管理するブログの記事の転載です。

南関東開発機構 : 日本の行政機関が公開しているAPIについてのまとめ(2016年5月19日暫定版)
http://blog.livedoor.jp/south_kanto_dm/archives/52134323.html

先日、経済産業省がIoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能等の技術革新を的確に捉え、第4次産業革命の波の乗って、日本の成長戦略を描くという方針の元、今後の日本政府の戦略として、『「新産業構造ビジョン」~第4次産業革命をリードする日本の戦略~産業構造審議会 中間整理』という資料を公開しました。
それを読んだ所、「行政機関(政府、自治体)が保有するデータについての網羅的な調査を実施。それらを積極的に 公開し、民間活用を促進(行政システムのAPI整備の徹底)」という記述があり、今後、日本の行政機関はこれから手元にある情報の民間連携を積極的に進め、その一環として、行政機関の持つ情報をAPIという形で民間でも活用できるようにする方針が示されました。
今回は、私が調べた範囲で現時点で公開されている行政機関のAPIについて、探したものをご紹介いたします。
この記事はあくまでも暫定版であり、私が知り得る範囲で集めた情報を列挙したものに過ぎない事にご留意下さい。恐らくは漏れや抜けがあると思われます。
以上の点をご留意の上、記事をお読みいただければ幸いです。記述が不正確であったり、漏れ、抜けなどがあれば、コメント欄やTwitterなどでご指摘いただければ、幸いです。

政府統計の総合窓口(e-Stat)−API機能
http://www.e-stat.go.jp/api/

政府統計の総合窓口(e-Stat)で提供している統計データを取得するAPI。
事前に利用登録を行い、アプリケーションIDを取得する事で利用できる。
HTTPのGETメソッドなどで情報を取得する。APIからはXML、またはJSON、JSONPでデータを取得する事が可能。

位置参照情報ダウンロードサービス
http://nlftp.mlit.go.jp/isj/index.html
http://nlftp.mlit.go.jp/isj/data.html
http://nlftp.mlit.go.jp/isj/about_api.html

国土交通省の位置参照情報を取得できるAPI。街区レベル、大字・町丁目レベルの情報を取得できる。
HTTPのGETメソッドなどで情報を取得する。APIからはXMLでデータを取得する事が可能。
2016年5月19日現在は試行版であり、今後、正式な形で公開される物と思われる。

国土数値情報ダウンロードサービス
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/index.html
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/api/about_api.html

国土交通省国土政策局がGISで利用可能な国土数値情報を取得できるAPI。
HTTPのGETメソッドなどで情報を取得する。APIからはXMLでデータを取得する事が可能。
2016年5月19日現在は試行版であり、今後、正式な形で公開される物と思われる。

e-Gov電子申請システム|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
http://www.e-gov.go.jp/shinsei/index.html
http://www.e-gov.go.jp/shinsei/interface_api/index.html

各省庁への申請や届出などの行政手続をインターネットを通じて行う事が出来る。
2016年5月19日現在、電子申請可能な行政手続の約90%を厚生労働省が占める。
API利用の申請は法人のみが行える模様。

国税庁法人番号公表サイト
http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/
http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/webapi/

国税庁が提供する法人番号に紐付けられた団体の商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地及び法人番号及び付随する情報を取得できるAPI。
HTTPのGETメソッドなどで情報を取得する。APIからはXML、またはCSV(文字コードはShift-JIS(JIS 第一及び第二水準)、Unicode(JIS 第一水準から第四水準)の2種類)でデータを取得する事が可能。
事前に利用登録を行い、アプリケーションIDを取得する事で利用できる。

今回、紹介するAPIは以上です。今後も調査を実施し、追記があれば記事の訂正、追加等を行います。
以上、よろしくお願い致します。

参考資料
産業構造審議会 新産業構造部会(第8回)‐配布資料(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/008_haifu.html