個人で作ったアプリ(Android)のDL数を伸ばすための方法

  • 116
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

個人Androidアプリの集客方法

個人でAndroidアプリを作っていて一番大変に思うのが、
アプリへの集客だと思います。

会社や事業として作成したアプリであれば、
プレスをバンバン打ったり、広告・営業に物を言わせて
ユーザーをつかみとってくる事は可能ですが、
「格」を持たないただの個人ディベロッパーだと
プレスを依頼することさえ困難です。

今回はそんな苦い思いをしている個人ディベロッパーを救うべく、
どうすればユーザーを個人ディベロッパーが集められるのかをまとめてみました。

…とは言うものの自分のアプリがそこまで人を集められている訳ではないので、
「劇的にユーザーが増える」といった方法論の紹介ではありません。あしからず。

SEO(検索による流入最適化)

まず一番重要だと思うのがこのGooglePlay上でのSEOです。
自分がアプリを入れようとした時に何をするか考えてみてください。
名前の分かっているアプリはもちろん、「ランチ」「電卓」などといった
自分がやりたい目的を「検索」にかけてお目当てのアプリを見つける事が多いはずです。
なので検索からくる人を増やせれば、確実にかつ継続的にユーザーを増やすことが可能です。

ランキングや広告、サイト掲載といったものは大抵短期的なユーザー増加しか行えません。
しかし検索であれば競合アプリが次々と出てこない限りは安定してユーザーを獲得できます。
お金を掛けずに行えるので個人ディベロッパーとしては力を入れて対応すべき点です。

実際にどうすればよいのかというと、まずは説明文を増やしましょう。
5000字まで説明が入力できるので、この限界に近づくよう頑張って文章を書きます。
とは言うものの、タグの羅列やどっかから引っ張ってきた文章でいたずらに文量を増やすのでは良くないです。
最近の検索エンジンは賢いので、スパム的な行為は簡単に看破されてしまいます。
アプリの魅力を余すこと無く伝えられるよう説明しましょう。

それとアプリのタイトル、アイコンも重要です。
検索結果一覧画面は「タイトル」と「アイコン」しか表示されません。
この一覧に出た時いかにクリックしてもらえるかでユーザーの流入は大きく変わります。
一覧を見た人が思わず押したくなるよう魅力的なタイトル、アイコンで飾りましょう。
アプリ名より先に説明を持ってくるのもありです。

媒体掲載

法人格などがないとレビューの依頼などは出しづらいですが、
それでも個人作成のものでもアプリ紹介を行ってくれるサイトはあります。
掲載されると一時的ではありますが、相当数のユーザーを獲得することが出来ます。

アンドロイダー

みんなでつくるアプリ情報サイト アンドロイダー
登録制のAndroidアプリ情報サイト。
隊員登録をすることで、アンドロイダーサイト上にアプリを掲載できます。
セキュリティ上安全なアプリである事も証明してもらえるので、
登録するメリットは大きいです。
新規登録時や大幅アップデートの時などは都度Topに掲載
してもらえるので流入数をそこそこ稼げます。
あと人数限定でアプリ紹介動画を無料作成みたいなこともやってます。
ただ審査に若干時間がかかるのが難点…。

AppC

アプリ広告ネットワーク【appC cloud(アプシークラウド)】
アプリレビューサイトではなくて広告配信の会社なのですが、
AppCの広告をアプリに載せると無料でレビュー書いてもらえる特典があります。
Yahoo!マーケット、giveApp、エキサイトなどに掲載してもらえるのでお得です。
アプリに広告を導入する際は検討する価値有りです。

予約Top10

予約トップ10 -新作のおすすめゲームやアプリの事前登録-
リリース前のアプリを登録することで「予約」という形でユーザーを集めておくことが出来るサイトです。
ミニプランだと個人でも無料で予約登録が出来ます。
ゲーム系が多く予約として登録されてますが、ツール系アプリでも問題なく登録できます。
リリースのタイミングでユーザーに通知が行くので、リリース直後から多くのユーザーに使ってもらえます。
既にリリースしたアプリには利用できませんが、今後アプリを出す時には考えてみてください。

アプリス

アプリレビュー申請サービス【Applis(アプリス)】
アプリのレビュー審査依頼を一括で請け負ってくれるサイト。
個人開発者でも申請可能な点はすごくいいのですが、いかんせん申請しても掲載してもらえる可能性は低いです。
一応紹介まで。

ソーシャル(口コミ)活用

残る個人開発者が可能な施策としては、細々としたものになります。

一つはソーシャルメディアを活用するという方法です。
TwitterとかFacebookとかLineとかを活用してユーザーを広めます。
一番簡単なやり方としては「このアプリを友達に紹介する」ボタンをアプリ内においておくことです。
AndroidのShareインテントを飛ばして自分のアプリ名とDLリンクを拡散できるようにしましょう。
そうするとアプリを気に入ったユーザーが宣伝してくれたりしてくれなかったりします。

もうちょっと凝るのであれば、特定のアクションを達成する度にシェアできるようにしてみたりなんかもあります。
ゲームで言えばレベルアップやハイスコア更新などといったタイミングでシェア出来るようにします。
ツール系アプリでも組み込めるところがないか考えてみてください。

セルフ相互集客

これも小手先のテクニックですが、自分のアプリ同士で相互に集客できるようリンクなどを設置します。

お手軽に実装するなら
https://play.google.com/store/apps/developer?id=Pistatium&hl=ja
へのリンクをアプリにつけるだけです。(Pistatiumの部分は自分のディベロッパー名で置換)
こうすることでアプリに興味持ってくれたユーザーを別の自身のアプリに引き込めます。
あとで新規にアプリを作ってもこの実装ならメンテフリーです。

最近は広告SDKに自分のアプリを入れる機能がついているのも多いので、そちらを利用するのもよいでしょう。

宣伝

放課後アプリ部 http://houkago-no.appspot.com/
個人ディベロッパーの宣伝するところがないなら作ってしまえ、
ということで個人アプリディベロッパー向けのサービスを作ってみました。
ディベロッパーが自身のアプリを登録する形式で集客することができます。
今後登録情報のAPI化なども考えています。
是非アプリ集客にご活用ください。