GCPのgcloudコマンドをインストールする

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

最近、gcloudコマンドをインストールすることがあったので備忘録として記す。本記事で記す方法は、インストールに際してrootで実行する必要はない。インストール中に幾つか質問が現れるので注意が必要である。rootになれる環境であれば、aptyumでインストールできるため、そっちを使ったほうが楽かもしれない。

インストール

このコマンドでダウンロードとインストールが実行される。

$ curl https://sdk.cloud.google.com | bash

インストール中の質問は、全てEnterキーを押し続けていれば問題ないはず。

Do you want to help improve the Google Cloud SDK (Y/n)?  y
Modify profile to update your $PATH and enable shell command
completion? (Y/n)?  y
Enter a path to an rc file to update, or leave blank to use [/home/test-user/.bashrc]:

インストールユーザの.bashrcが書き換えられているので、その内容を反映させる。すると、gcloudコマンドにパスが通るようになる。

$ exec -l $SHELL
$ which gcloud
~/google-cloud-sdk/bin/gcloud

認証

このコマンドで、自分のアカウントにログインする。

$ gcloud init

ここはEnterを押しておけばいい。

Your current configuration has been set to: [default]

URLが出力されるので、ブラウザで開いて、GCPで使っているメールアドレスでログインする。すると、認証キーが画面に現れるので、それをプロンプトにコピペする。

You must log in to continue. Would you like to log in (Y/n)?  y

Go to the following link in your browser:

  ¦ https://accounts.google.com/o/oauth2/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX


Enter verification code: YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

ここもEnterでいい。

You are logged in as: [your-email@address].

Your current project has been set to: [your-project-name].

Google Cloud Storageだけ使う場合などには、nで問題ない。yを選ぶと、regionの選択プロンプトが現れる。

Do you want to configure Google Compute Engine
(https://cloud.google.com/compute) settings (Y/n)?

以上。

Appendix

https://cloud.google.com/sdk/downloads