GoogleChromeExtension の Postman が便利

  • 63
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最近 API を叩いて返り値を見るのが趣味になっています。ただ、API_A を叩いて、API_Bを叩いて、またAPI_A を叩く。なんてことをやっているとだんだんと面倒くさくなりますよね?そんな時の為の便利な Extension を見つけたので紹介します。

Postman

Postman はシンプル & 便利な Rest Clientです。
GoogleChromeExtension なので、Firefox とか Opera を使ってる人はごめんなさい。

ダウンロード & インストール はwebstoreから出来ます。

使い方

Postman (2).png

chrome-extension://fdmmgilgnpjigdojojpjoooidkmcomcm/index.htmlにアクセスすることで、上記のPostman 用のページを表示することが出来ます。ブックマークしておきましょう。

見ると大体解ると思いますが、大体は下記の点を設定して Send ボタンをクリックすると結果が表示されます。必要であれば、Basic 認証や Digest 認証の設定も行えます。

  • API のエンドポイント
  • リクエストメソッド
  • パラメーター

便利な機能達

いよいよ便利な機能達の紹介です!

  • ショートカット一覧表示

Postman 用のページを開いている状態で ? を入力すると、下記のショートカット一覧を表示出来ます。
沢山の API を叩く場合は、初めに確認しておくと捗るかもしれません。

Postman.png

  • 履歴機能

過去に叩いた API のエンドポイントを、実行時のパラメーター付きで 100 個まで保存しているので、「ちょっと前に叩いたあのAPIを、あの時のパラメーターで実行したい。」と思ったときでもすぐに実行することが出来ます。また、画面の右上のスパナのアイコン(Setting)をクリックすることで、履歴の保持数を増やすことも出来ます。

Postman (1).png

  • コレクション機能

さらに、叩いた API に名前をつけてコレクションをすることが出来ます。こちらも、実行時に使用したパラメーターが保存されているので、自分はよく叩くAPIをコレクションとして保存しています。

おわりに

Postman についての紹介はこれで終わりです。webstore には便利な Extension が転がっているので、また何か面倒くさいことがあったら漁ってみようと思います。