Nugetの使い方とパッケージの作り方

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

パッケージを利用する

Nugetコマンド

VisualStudioのパッケージマネージャーコンソールから使うコマンド。以下の通り。

update-packageのsafeオプションつけると最新マイナーバージョンへアップデートする。


install-package <パッケージ名>

install-package <パッケージ名> -version <バージョン番号>

update-package <パッケージ名>

update-package <パッケージ名> -safe

uninstall-package <パッケージ名>

パッケージを作成する

CUIでパッケージの作成

http://nuget.org/nuget.exe

からダウンロードし、適当なフォルダに配置する。(Pathを通すのも忘れずに)

GUIでパッケージの作成

http://docs.nuget.org/docs/creating-packages/using-a-gui-to-build-packages

上記UrlからGUI操作でパッケージ作成するアプリをダウンロードすることが可能。

依存ライブラリの指定や、ターゲット.netフレームワーク指定なども簡単にできるので

通常はこっちでパッケージ作ったほうがいい。

パッケージの作り方

MSの人がPackageManager(GUIツール)について解説している動画が https://www.youtube.com/watch?v=55AQSYqD3vE にて公開されている。

約13分と少し長いが、通してみるべき。

個人的なしおりとして

  • 基本的な使い方は 3:00 から

  • 依存パッケージの設定とターゲット.netフレームワーク設定は 5:14 から

  • ローカルパッケージソースの設定は 7:00 から

を挙げておきます。