Eclipse 4.5でRuby開発環境を整える

  • 10
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

概要

Eclipse4.5を利用してRubyの環境を作成するまで。

実行環境

OS X El Capitan‎ 10.11.3
Eclipse 4.5

Ruby開発ツールをEclipse上にインストールする

「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」の画面を開く。
作業対象を "--すべての使用可能なサイト--" にしてしばらく待つと下記の画像のようになる。

EclipseRuby.png

「Ruby開発ツール」「Ruby Development Tools SDK」を選択し次へ進んでいく。

Eclipseの再起動

Eclipseを再起動されるように促されるので再起動を行う。

Rubyプロジェクトの作成が出来る事を確認する

「ファイル」→「新規 →「Rubyプロジェクトの作成」よりプロジェクトの作成を行う事が可能になっている。

EclipseRuby2.png

インタープリターの追加

次にインタープリターの追加を行う。
事前にrbenv等を利用してインストールを行っておく必要がある。
(参考)rbenvを使ってSinatraの実行環境を整えるまで

「Eclipse」→「環境設定」→「Ruby」→「インタープリター」の順に開いていく。

ruby_interpreter1.png

「追加」をクリックする。

ruby_interpreter2.png

下記の画面でインストールされているRubyのパスを選択する。

※私の場合はrbenvを使ってインストールしたので、/Users/nishimotokeita/.rbenv/shims/ruby を選択した。

ruby_interpreter3.png

Rubyプロジェクトを作成する

「ファイル」→「新規」→「Rubyプロジェクト」を選択する。

ruby_interpreter1.png

プロジェクト名を入力して「完了」をクリックする。
create_ruby_project2.png

これでEclipseでRubyの開発が出来るようになる。
元々Git上に管理されているRubyプロジェクトをEclipseに取り込みたい場合もある。
その場合は一度、Eclipseに通常のプロジェクトとしてインポートした後に、.buildpathと.projectを以下のように編集する事でRubyのプロジェクトと認識された。

※rubytestは自分のプロジェクト名に合わせてね。

.buildpath
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<buildpath>
    <buildpathentry kind="src" path=""/>
    <buildpathentry kind="con" path="org.eclipse.dltk.launching.INTERPRETER_CONTAINER"/>
</buildpath>
.project
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<projectDescription>
    <name>rubytest</name>
    <comment></comment>
    <projects>
    </projects>
    <buildSpec>
        <buildCommand>
            <name>org.eclipse.dltk.core.scriptbuilder</name>
            <arguments>
            </arguments>
        </buildCommand>
    </buildSpec>
    <natures>
        <nature>org.eclipse.dltk.ruby.core.nature</nature>
    </natures>
</projectDescription>