pry-railsのshow-routesでroutingが増えてきたときに結果を絞り込むには

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

背景

bin/rake routesと比べ、pry-railsshow-routesはサクッと表示されるのでこちらを使うことがある。このとき、表示される結果が多いと見るのが辛いので、結果を絞り込んで表示したい。

方法

show-routesでは-Gオプションで結果を絞り込むことができる。
例えば、下記のようなroutesがあるとして、

❯ bin/rails c
Loading development environment (Rails 4.2.5.1)
[1] pry(main)> show-routes
    Prefix Verb   URI Pattern                 Controller#Action
   dummies GET    /dummies(.:format)          dummies#index
           POST   /dummies(.:format)          dummies#create
 new_dummy GET    /dummies/new(.:format)      dummies#new
edit_dummy GET    /dummies/:id/edit(.:format) dummies#edit
     dummy GET    /dummies/:id(.:format)      dummies#show
           PATCH  /dummies/:id(.:format)      dummies#update
           PUT    /dummies/:id(.:format)      dummies#update

以下のように-Gとキーワード(正規表現可)を指定することで一部だけ表示できる。

[7] pry(main)> show-routes -G destroy
           DELETE /dummies/:id(.:format)      dummies#destroy

備考

オプションの詳細についてはshow-routes -hで確認できる。

[8] pry(main)> show-routes -h
Usage: show-routes [-G]
show-routes displays the current Rails app's routes.

    -G, --grep      Filter output by regular expression
    -h, --help      Show this message.

また、bin/rake routesでroutingを確認するときはgrepなり何なりで絞り込めばいい。