windows10 ディスク容量削減方法まとめ

  • 23
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

仮想環境(Parallels,virtualbox)上にwindowsを載せると結構な容量になるので、ディスク容量を減らす手順。
macbook airの128GBに載せてるので結構容量が…

色々サイト調べればあるけど自分用まとめメモ

概要

  • 不要なファイル系の削除
    • アップデートのバックアップ削除
    • アップデートキャッシュ削除
  • 設定の変更
    • 休止モードをOFFにする
    • 復元ポイントを削除・無効化する
    • OSバイナリ圧縮 <- windows10用

あまり効果の大きくない小さなファイル削除とかは除外。
仮想OS利用前提で、もし壊れても仮想アプリ(parallesやvirtualbox)から復元、もしくはインストールし直しでいいやというワリキリ思想

アップデートのバックアップ削除

windows7等からwindows10にアップグレートした場合や、アップデートファイルのバックアップがかなり容量と占めている。
特にC:\windows.oldファイルが大きな容量を占めてしまうので、ディスクのクリーンアップから削除を行う。

手順は以下を参考にして実施

クリーンアップでチェックしたのは以下。後はお好みで

  • 以前のWindowsのインストール
  • 一時Windowsインストールファイル

デメリット

旧Versionに戻せなくなるなどあるかもだけど、けどまぁ戻す事ないでしょう…

アップデートキャッシュ削除

windowsアップデートでダウンロードしてきたファイルが以下のディレクトリに配置されているので手動で削除する。

C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download

参考

デメリット

これあっても使うんだろうか…

休止モードをOFFにする

休止(ハイバネーション)モードにしない場合はOFFにする。

SSDの空き容量を確保するたった2つの方法

powercfg -hibernate off

元に戻したい場合

powercfg -hibernate on

デメリット

休止モードが使えないだけ。私はparallelsのサスペンド機能が使えるので不要

補足 

ページングをOFFにするが参考サイトに書いてるけど、これは仮想環境でやってる場合はOFFにすると危険なのでやらない。

復元ポイントを削除・無効化する

昔からある削減方法

Windows10 - 復元ポイントの削除とディスク使用量の設定

デメリット

何かあった時に復元を使ったリカバリーができなくなる。ワリキリ

OSバイナリ圧縮

windowsOSで利用している各種バイナリを圧縮する機能で、windows10から新しく加わった機能。インストール時にごにょってやる方法もあるみたいだけど、インストール後の方がコマンド一発で楽(違いは無い模様)。

※参考
【Windows10】コンパクトOSでディスク占有量を削減する

  • 以下のコマンドを管理者権限のDOSで実行する.
compact /compactos:always
  • 実行がうまく行けば以下の通り圧縮が確認できる(今回で3G弱)。
PS C:\WINDOWS\system32> compact /compactos:always
OS バイナリの圧縮が完了しました。

15259 ディレクトリ内の 36082 ファイルが圧縮されました。
合計 6,772,111,178 バイトのデータが、4,024,520,420 バイトに格納されました。
データの圧縮率は 1.7 : 1 です。
  • 設定確認
PS C:\WINDOWS\system32> compact /compactos:query
システムは圧縮状態です。管理者が変更しない限り、
この状態のままになります。

デメリット

圧縮するという事なので、実行時にどうしても復元処理が走って多少は遅くなるはず。3GB削るほどの事じゃなければやる必要無いかも.

compact /compactos:noneで直ぐに戻せるので、まぁ試してみて遅過ぎたら戻せばOK

補足

compactを実行すると以下のようなオプションもあった。

PS C:\WINDOWS\system32> compact /help

(中略)

  /EXE         頻繁に読み取られ、変更されることのない実行可能ファイルに合わせて
               最適化された圧縮を使用します。次のアルゴリズムがサポートされています:
               XPRESS4K  (最速) (既定)
               XPRESS8K
               XPRESS16K
               LZX       (最小)

試しにsystem32フォルダを圧縮

PS C:\WINDOWS\system32> compact /EXE:LZX
1 ディレクトリ内の 3811 ファイル
圧縮ファイル 3513、非圧縮ファイル 298。
合計 1,638,072,259 バイトのデータが、980,210,240 バイトに格納されました。
データの圧縮率は 1.7 : 1 です。

全体もやってみた

PS C:\> compact /S:/ /EXE:LZX
36113 ディレクトリ内の 200028 ファイル
圧縮ファイル 45455、非圧縮ファイル 154573。
合計 41,729,594,529 バイトのデータが、36,374,755,901 バイトに格納されました。
データの圧縮率は 1.1 : 1 です。

実際にこんな減ってない?ちょっと様子見…

最後に

「プログラムのアンインストールまたは変更」で見えるインストールサイズは1.7GBの状態で、今27GB使用中。それでもまだでかいぞ

入れてるアプリって以下ぐらいなんだけど…

  • Visual Studio
  • SQL Server + Management Studio
  • Office