Spring Tool Suiteのインストール

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

  • 仕事(半分趣味)の調査向けにWebアプリケーションを作成する。
  • Spring Bootのイニシャルコストが低い(らしい)ので、その調査を兼ねての実装。
  • Eclipseでの開発が多いけど、Spring特化のIDEと戯れてみよう!

設定

インストールマシン

  • OS : Windows7(64bit)
  • Java8
  • C:\develop を開発ディレクトリとしている。

ダウンロード

  • 最新版をダウンロードする
    • https://spring.io/tools
      • version 3.7.1 RELEASE
      • spring-tool-suite-3.7.1.RELEASE-e4.5.1-win32-x86_64.zip
      • (このバージョンのSTSの実態はEclipse Mars 4.5.1)

インストール

  • ZIPファイルを解凍する。
    • sts-bundle ディレクトリができる。
    • 解凍したディレクトリを開発ディレクトリに移動する。
    • こうなっていればOK
      • C:\develop\sts-bundle。

起動

  • 下記のexeを起動する。
    • C:\develop\sts-bundle\sts-3.7.1.RELEASE\STS.exe
  • 起動時に「Workspace Launcher」が起動する。
    • ワークスペースを聞かれるので、下記のディレクトリを指定する。(workspaceディレクトリは新規で作成する)
      • C:\develop\workspace
  • あとは、起動すればOK

日本語化

  • そのままでもいけるけど、日本語化しておいた方が便利なので。
  • ド定番のPleiadesを利用する。

ダウンロード

  • MergeDoc Project
    • http://mergedoc.osdn.jp/
    • STSインストール済みなので、ALL in Oneは落とさない。
    • Pleiades プラグイン・ダウンロードの下の「安定版」リンクを押下する。
    • pleiades_1.6.0.zipをダウンロードする。
    • 解凍する。
      • 解凍ソフトだと失敗することがあるので注意

インストール

  • 基本的には「readme_pleiades.txt」の内容を実施する。
  • STSの場合は「eclipse.ini」 → 「STS.ini」となっていることに注意。
  • それ以外は、「readme_pleiades.txt」の内容でOK