[Unity4,Unity5]thetaとかで撮った全球画像をSkyboxに指定する方法

  • 25
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最近全天球画像をSkyboxにする方法がわかったのと、Unity4(.6)とUnity5では若干方法が違うのでメモ。

Unity4の場合

①取り込んだ全天球画像の[Texture Type]を[Reflection]に変更し、[Mapping]を[Cylindrical]にして[Apply]を押す。
Theta01.gif

②新しくマテリアルを作って[Shader]を[RenderFX]->[Skybox Cubed]に変更し、CubeMapに先ほどの全天球画像をセットする。
Theta02.gif

③メニューの[Edit]から[Render Setting]を開き、インスペクターの[Skybox Material]にさっき作ったマテリアルをセットする。
スクリーンショット 2015-04-29 14.05.23.png

おしまい。

Unity5の場合

①取り込んだ全天球画像の[Texture Type]を[CubeMap]に変更し、[Mapping]を[Latitude-Longitude Layout(Cylindrical)]にして[Apply]を押す。
Theta05.gif

②新しくマテリアルを作って[Shader]を[Skybox]->[CubeMap]に変更し、CubeMapに先ほどの全天球画像をセットする。
スクリーンショット 2015-04-29 14.17.41.png

③メニューの[Window]から[Lighting]を開き、[Lighting]ウィンドウ->[Scene]->[Environment Lighting]->[Skybox]にさっき作ったマテリアルをセットする。
スクリーンショット 2015-04-29 14.22.25.png

おしまい。