Macで無料ツールを使ってiSCSIボリュームをマウントする

  • 8
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

iTunes や Photos のような Macの内蔵ディスクに入れるにはでかく、
AFP や SMB でアクセスするにはディスクIOは恐ろしく遅く、使い物にならないケースで
iSCSI で作成したディスク上で作業したいことがありました。

だましだまし AFPマウントしたディスクを使っていましたが、我慢の限界を超えましたので
今回 iSCSI でマウントしたボリュームを使うことにします。

iSCSI ボリュームを作成

私はQNAPを利用しているので、QNAPの管理画面から新しく iSCSI ボリュームを作成しました。

iSCSI イニシエータのインストール

GlobalSAN というプロダクトがデファクトスタンダードになっているようですが、有料です。
無料の方法を探した結果

https://github.com/iscsi-osx/iSCSIInitiator

こちらのイニシエータを使うと良さそうです。

データ保護を無効化

ただ、El Capitan 以降の Mac はデータ保護がかかっており、そのままだと導入できません。
一度Macの電源を落とし、 Command+Option+R を押しながら電源を入れます。
すると、リカバリモードで起動すると思うので、ここでターミナルを開きます。

csrutil disable

と入力することで、このデータ保護を無効化できます。
作業が終わったらもとに戻すことを忘れないようにしましょう。

設定が終わったらMacを再起動します。

iSCSIInitiator のインストール

再び通常モードの macOS が起動したら
github の release にある dmg からインストールします。
今回は 1.0.0 beta4 というバージョンをインストールしました。

Mac で iSCSI をマウント

ターミナルを開きます。

iscsictl add target 作成したiSCSIのIQN名,iSCSIのターゲットホスト
iscsictl login 作成したiSCSIのIQN名,iSCSIのターゲットホスト

これでマウントが完了します。


こんな感じで、マウントしたボリュームがディスクユーティリティに表示されれば準備完了です。


上部のメニューから”消去”を選択して、ディスクをフォーマットします。

これで iSCSI 上のディスクをマウントできました。