Adobe XD ✕ Prott - プロトタイピングの愉しみ方

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

あれこれ浮気してやっぱXDが私の嫁だと言うために、
Prottを使ってみるとあらやだステキ機能満載。

ということで浮気した結果の雑感です。

画作り

xp01.gif

ブラウザベースのProttだとどうしても迫られるオフラインの壁。
軽やかな画作りに特化したXDと比較すると、
若干のはがゆさ感じてしまう今日このごろ。

もういいよと言うくらい語り尽くされているリピートグリッドや、
背景のぼかしによるそれっぽい画作りなど
デザイナー寄りの効果&演出で、
画としての魅力はXDの方が作りやすいと思ったり。思わなかったり。

プレビュー

xp02.gif

モックアップやワイヤーフレームは
レビュー→バック→レビュー以下略により、
精度を上げていくのが大切と個人的には思っております。
XDだとPDFに書き出すあたりが、
Adobe環境の無いクライアントへの主なレビューにどうしてもなってしまいます。

いちいちメールを書く手間や、
どこの何に対してのフィードバックかを説明する工程が発生するのでちょっと負荷が多い印象。
その点Prottはコメント機能があるので、
アカウント(無料)を作る手間はありますが、
特にレビューする側に専用の環境がなくても意見交換がしやすいのは非常に魅力。
スマホでのレビューもさくっとできちゃうのもベネ。モールトベネ。

遷移図

xp03-2.gif

BETA版ですがPrott搭載の遷移図自動生成はまさに夢ツール。
導線を定義してポチッと押すだけで遷移図できちゃうなんて、
未来の世界の猫型義体に
土下座してようやく叶うのではないかと思うくらいの逸品。
まだまだBETA版なので粗い部分もありますが、
この機能のためだけにPrott使いたいすらある。

まとめ

ということで、今現在で個人的に快適なモックアップ制作環境として、
XDで画作り!PNGで書き出し!Prottに読み込み!導線設定!プレビューッ!!!
ってのが浮気をして真実の愛に気がついたどころか、
結局二股でいいんじゃんよ!っていうハーレムEND。

新人のXDたんはプレビュー版なので
これからの開発でどう化けるか超期待ですし、
Prott嬢は安定安心どころかオプションまで豊富。
どちらを選ぶみたいなことはせずに、
おとなしく使いたい機能だけ使えばいいじゃない!が
まだまだ発展途上のプロトタイプ業界の愉しみ方の一つじゃないでしょうか。
両方知るとそれぞれの良さを再認識できるので、
ぜひとも両方おさわりしていただけたらと思いますデス!