ズンドコキヨシ with TypeScript

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

「TypeScriptでテスト書く」の手習い中で、ちょーど「ズンドコキヨシのビッグウェーブ」が来たので、書いてみました。

コード

https://github.com/kazuhito-m/zundoko-kiyoshi-ts/blob/master/src/main/ZundokoKiyoshi.ts

ZundokoKiyoshi.ts
/// <reference path="../typings/main.d.ts" />

export default class ZundokoKiyoshi {

    // "ズン"と"ドコ"の定数
    public static ZUN:boolean  = false;
    public static DOKO:boolean = true;

    // ズンドコ列を真偽値の配列で返す。
    public getZundokoPeriod():boolean[] {

        let zndkLog:boolean[] = []; // ズンドコの履歴
        let zunCount:number = 0;    // ズンカウンタ
        let zunOrDoko:boolean = ZundokoKiyoshi.DOKO;   // カレントの値

        // ズン4つに最後がドコになるまで。
        while (!(zunCount >= 4 && zunOrDoko == ZundokoKiyoshi.DOKO)) {
            // カレントが"ズン"ならカウントアップ、"ドコ"なら初期化         
            zunCount++;
            if (zunOrDoko == ZundokoKiyoshi.DOKO) zunCount = 0;
            // ズンドコ取得
            zunOrDoko = this.genZunDoko();
            // リストには絶えず足す。
            zndkLog.push(zunOrDoko);
        }

        return zndkLog;
    }

    // ズンorドコをランダムに返す。
    public genZunDoko():boolean {
        return (Math.random() * 2) < 1;
    }

    // ズンドコ配列を文字列に変換する。
    public convertZundokoString(zndkLog:boolean[]) {
        return zndkLog.map((e,i,a) => { return (e == ZundokoKiyoshi.ZUN ? "ズン" : "ドコ") }).join("");
    }

    // 文字列をコンソールに書く。
    public kiyoshi() {
        console.log(this.convertZundokoString(this.getZundokoPeriod()));
    }

}

割と長くなってしまったのですが…どちらかというと短さより「ズンドコ列生成部」と「表示部」を分けたかったのでこんな感じです。

「二値」ということで反射的に「boolean!」としましたが、別に0と1でも良かったなぁという反省です。

実行

冒頭の通り「テストのお試し」のために書いてたので、テストでズンドコします。

zundoko2.png

割とズンドコしますね…時々「奇跡のような短さで終わる」ことがあるのですが…。

おまけ

この ZundokoKiyoshi クラスに「Knockout.jsを使ったラッパー」をかぶせ「ズンドコボタン」という一枚もんのサイトを作りました。

zundokobutton_MINI.png

  • やんごとなき理由で ズンドコキヨシ(kiyoshi関数)が書けなかった
  • 非PGで祭りにもう一つ乗れなかった
  • ええい、ズンドコ言いたいだけなのだ!

そういう方には、心置きなくなんどでも「ズンドコ」いただけます。

ぜひご利用ください。

参照させていただいた記事