Parallelsに無償アップグレード版のWindows10をクリーンインストールする手順

  • 16
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

色々試した結果、以下手順に落ち着いたのでメモ。

手順

1.Windows7/8を入れる

Windows7/8のISOを仮想CDドライブにアタッチしてWindows7/8のプロダクトキーを入れて普通にセットアップする。
※ Windows7/8でWindowsUpdateする必要はない。後で消すので時間とディスク容量の無駄

2.Windows7/8のライセンス認証を行う

「Windows ライセンス認証」を開いてライセンス認証を行う。必要があればインターネットや電話によるライセンス認証を行う。まぁとにかく普通にライセンス認証を完了させる。
これにより現在のParallelsの仮想ハードウェア構成の情報がマイクロソフトに登録される。

※ Windows7/8でWindowsUpdateする必要はない。とにかくハードウェア情報がライセンス認証と紐付きさえすれば良い。

3.Windows10をクリーンインストールする

  1. 一度Windows7/8をシャットダウンしてParallelsの構成を変更する
    • ハードウェア>ブート順序でCD/DVDをHDDより上に持ってくる
    • ハードウェア>CD/DVDにWindows10のISOをアタッチする(Windows10 ISO ダウンロード
  2. Windows7/8を起動するとCDブートになるので適当なキーを押してWindows10のセットアップを開始する
    • アップグレードじゃなく新規インストールを選択する
    • インストールするパーティション選択画面が出るが既存のWindows7/8のパーティションは不要なので全部削除して空になったパーティションに新規で入れる
    • セットアップ前とセットアップ中に計2回プロダクトキーの入力を促される画面が出るが「次へ」や「後で行う」 を選んで先へ進めればOK
  3. 無事インストールが完了したら「スタートメニュー>設定>更新とセキュリティ>ライセンス認証」でライセンス認証されていることが確認できる
  4. 一度Windows10をシャットダウンして構成を変更する
    • 一般>の一番上にOSの種類(Windows7とか)が出てるとこをクリック>Windows10に変更
    • ハードウェア>ブート順序をHDDが一番最初に来るように戻す
    • ハードウェア>CD/DVDからWindows10のISOを抜いておく
  5. 最後に「MacのParallelsのメニュー>処理>Parallels Toolの再インストール」でParallelsToolを入れる。

以上で、全て完了です。

手際よくやれば1時間位で終わります。この時点でParallelsが食っているディスク容量は僕の環境では11GBくらいになってました。